MENU

12/100 映像制作&お母さん はコメントを受け付けていません。 100人インタビュー, お知らせ

12/100 映像制作&お母さん

12人目のインタビューにご協力いただいたのは「ふるきまりあ」さん。祖師ヶ谷大蔵と千歳船橋の中間にある銭湯「湯パーク レビランド」を取材中にお会いしました。そのときはまだ幼いお子さんを連れて、銭湯を訪れたお客さんで私とは会釈しただけでした。第一印象はとっても優しそうなお母さん。でも実際は……。

湯パークのご主人に話を伺うと、ふるきさんは中学から通う常連さんだそうです。取材後にたぶん、ご主人は古木さんに「この雑誌が取材に来たんだよー」って話を彼女にしたんだと思います。ウエブサイトを訪れた古木さんは100人インタビューが面白そうだとご応募くださりました。

後日お会いしたのは平日の昼間。ご実家に娘さんを預けて、環八沿いにあるサミットでインタビューをしました。結婚をされたときに、相模原にあるご主人の実家に移り住んだんですって。今も月に2回ほどは世田谷に返ってくるそうです。月に2回の帰省に、銭湯で会うとは・・・なんか運命的なものを感ちゃいますね(恋愛とかではなくってね)。

ボクはまずはどんなお仕事をしているのかを伺うことが多いです。古木さんに伺うと、彼女は映像制作のお仕事をされているとのこと。プロダクションに所属して、映像を作ってきました。プロダクションで映像制作。ボクのイメージではけっこう厳しい世界です。何時なのかよくわからない33時に仕事上がり、ってこともあります(朝9時のことを指します)。そんな世界でキャリアを積んできた彼女は荒波を乗り越えてきた勇者のような空気をまとっているかと思いきや、ホアンとした優しい雰囲気。大変なこともあるけれど、楽しい仕事をしてきたのだろうな、と感じました。

映像の仕事に就いたきっかけは中学の頃にありました。バスケットボールの部活動をしていた彼女は映像の編集をします。それはプレイをチームメイトと見て確認するための映像です。フォーメーションの動きを確認したり、試合を撮影したり。チームメイト、監督と見ながら、この動きがおかしい、ここをもっと早くなど客観的に選手の動きを確認して改善していくんですね。どのチームでもやります。もう20年ほど前ですけれど、私もかつてバスケ部に所属していて、やっぱりビデオで試合を撮影してみんなで見ました。

でも、このビデオ、素人が取っているので垂れ流しですし、無駄なカットがあったり、雑音が大きかったり。肝心なところで、観客がこぼした「今日の晩御飯はどこか食べていこうか」的な話で、チームメイトが指示出ししている言葉がかき消されたり。そんなカオスになっています。ここがふるきさんの違うところなんですよね。分かりづらい映像を編集しようと思ったんです。無駄なカットを削ったり、雑に入っています周囲の音声をカットしたりと。何を見せたいか。それを考えながら、ムービーを作っていく。その楽しさに気がついたそうです。

たぶん、バスケットをしているよりも映像を編集していくことが楽しい瞬間も訪れたと思います。だから、高校では映画を撮ったりと映像にのめり込んでいきます。そして、プロダクションに就職し、プロの世界に。現在はお子様を育てながら、フリーランスとして映像を作っています。ビジネス系が得意だそうです。

これも出会いですよね。ボクはチトビアというビアフェスを企画していて、CMを作りたいと常々思っていたのですが、そんなときに彼女と会いました。もう、これは神様がCMを作りなさい!と言っているような気がして。声をかけないわけにはいきませんでした。

それで、チトビアムービーの制作をスタートさせることになりました! 現在、絵コンテか上がっていて、キャストも決まったところ。チトフナマンも出演するのか?どうなんだ?的に盛り上がっています。仕上がりは4月の下旬には。お楽しみに!



皆さんもインタビューされてみませんか?

忙しい?そうですよね。恥ずかしい?そうですよね。でも、癒し効果があると思います。忙しい人は私とどうでもいい話をするとたぶん、スッキリします。何もオチがあるような話を用意する必要もありません。編集長の私がしっかりとお話としてまとめます。ご安心ください。

写真を撮られたくない?そうでしょうとも、そうでしょうとも。私だって写真を撮られてサイトに掲載されるのは正直恥ずかしいです。では、こうしたらどうですか?お面を被る、またはかわいいマスクをする。それか、アイマスクをしてもいいですよ。変装メガネだっていいです(ほら、あのひげと黒縁メガネがセットになったあれです)。

時間は30分くらい(といいながらだいたい1時間くらいになっちゃいます)。場所は千歳船橋か、祖師ヶ谷大蔵で。駅前広場でもいいですし、ファストフード店やカフェでお話をしましょう。

お話するのが苦手という方もご安心ください。私は100人以上インタビューをした経験があります。全然話せないひと、無口なひと、緊張しちゃうひと、いろんな人の話を聞いてきました。リラックスして会っていただければOKです。

現在、12人。まだまだ100人には遠いけれど、続けていきます。アナタからのご応募、お待ちしております。

ご応募は
http://chitososhi.com/100int/
こちらから。

Comments are closed.