MENU

ち_和食
Category

321

旬菜すがや

お知らせ, ち_和食, グルメ

2019年5月29日

ずーっと旬菜すがやの店主、菅谷さんとはイベントに出店してもらったり(チトビアのことです)、飲みに行ったりして、話をすることもあって、知ってはいたんですよ。経堂の凧(はたと読みます)の店主に取材させてもらったときにも「千歳船橋っていえば『すがや』ってあるでしょ? そこ、うちで修業したんだよ」という話を聞いたりしていて(修行したのは下北沢の風神というお店です)。断片的に知ってはいたんですけど、どんな人なのかマッタクモッテ知りませんでした。

一言でいうと「食えない男」。なんでだろうって思いながら、お話を伺いました。

もう、すぐに「だからだ」と思いました。

もともとイタリア料理からキャリアをスタート。高校卒業して下北のイタ飯屋に就職。20年前はイタ飯ブーム。その波に乗ったわけですけど、いざ働いてみたら「将来あるのかな?」って思ったそうです。まぁまぁ、ここまでは普通の感じですけど、ここからが菅谷さんのすごいところ。

高校卒業して山梨から出てきて働きだしたのは「下北沢」。いつまでも飲み屋は開いてるし、親はいないし。遊びたい。だって18歳だし。遊びたい遊びたいあそびたーーーーいwwwwwwww

それで全部やめたんです。遊ぶために。ぜーーーーーーーーーーーんぶ。辞めちゃった。毎晩飲み歩いたり、週末ごとにフェスに繰り出したり。音楽関係がほとんどで、フェスがなければクラブにいったり。そのころ、昼間は植木屋さんで働いて、夜は風神でバイトしてたんです。風神の店長に「そろそろ何かしっかりやったら?」といわれて、お店を一緒にやることになったんですけど、やっぱり遊びたくって(ちょいちょい「遊びたくて」というフレーズが出てくるwww。すげー自然体。そりゃー遊びたいけどさ、っていう理性というか無駄な概念がない。心地よいくらいにない。)。2年くらいプラプラしました。日本のいろんなところにいったり、フェスにいったり。働きもせずに。

お金がなくなったらバイトするそんな生活でした。お金を借りるのも流行ってたのでwww、最高100何十万とかですかね、借りてたそうです。それじゃダメじゃない?って当時付き合ってた今の嫁と考えましたね。奥さんも遊ぶタイプ。二人で週末になるとテント担いでフェスにいって遊びまくった、2年間。普通、女性って現実的なので、男子が遊ぶと女子は止めたりするものですよね。でも奥さんもドーンと遊ぶタイプ。もしかしたら遊ばせといて後でしっかり握っていた手綱をくいっと引っ張って……みたいなことはあったのかもしれませんが。いや、たぶん、手綱は握られていたと思います。この後を読んでももらえるとよくわかる。

「2年間、すげー楽しかった。楽しかったから社会復帰するのが大変でした。」と菅谷さん。社会復帰の場所、どこだと思います?なんと第一歩は嫁さんの実家でやっている土木屋さんだったそうです。親父さんに6年間くらいしごかれて社会に復帰しました。しごきが始まる前に、いずれ社会に戻れたら飲食関係に戻りたいと話していたので、親父さんのしごきの後は下北沢の風神にお世話になって、今ここで「旬菜すがや」をやってます。ね?手綱握られていたんだと思うんですよ。だって、実家の土建屋さんでしごかれたんですよ。「ねぇ、パパ、私の彼氏、社会復帰させてよ」と親父さんに行ったかどうかは不問ではございますが。

26歳で結婚。現在38歳(令和元年現在)。辞めて遊んじゃえ、とかちょう楽しかっただろうな。

「ある日、箱根方面にノートとカメラだけもって小田急線にのったんです。道行くひとに「写真とっていいですか?」って聞きながら写真をとったり。ひとの感情を映してみたいなと思って使い捨てカメラをかって、ノートとペンは思ったことを書き留めようとしてたのかな? 大涌谷に着いて思ったことを書いてみたり。。。」お、おお、大涌谷!? なんかキラーフレーズをいただいちゃいました。大涌谷いうフレーズが出てきてものすごく壮大な感じになったなー。まるでけん玉をやりに行ったんですよ、アメリカのグランドキャニオン的な。「そうゆう生活をしてました。」という言葉で菅谷さんはまとめようとしてましたけど、どんなだよー、どんななんだーそうゆうっていうのは!と突っ込みどころ満載でした笑。(録音から原稿を起こしてるんですけど、まぁ、オレがよく笑ってる。それほどまでにぶっ飛んでて、心地よかったんだろうな、すごい)

お子さんが大きくなったら一緒にやりたいことあります?と聞いたら、こんな答えが返ってきました。

「好きなことをやってもらえればいいです。そうだなー、しいて言えばゴルフを将来一緒にラウンドしたいかも。1年前から夫婦でゴルフを始めたんです。庭で練習していると子どもも「やるやるー」って出てきます。」と。好きなことをやってきた(現在、進行中)の菅谷さんがいうから深い。これで、これをやってほしい!絶対やらせる!っていうのも一つの菅谷ニズムですので、どちらでもいいのですが、こっちだったかと思いました。

お子さんがゴルフ、ゴルフといえば石川遼。そのころはスクールが大流行だったけど、今はあんまり聞かないですねーと話したら、菅谷さんの答えがもう、よかったな。

「どの業界も子どもが少なくなっているので大変ですよね。それにどの業界も年令が高い人たちが頭を担いじゃってるので、若い人たちが楽しいことができそうもない空気になっちゃってるだと思います。」遊びつくした菅谷さんがこんなことをいうんですよ。たぶん、仕事辞めて遊ぶ!って決めたときにいろんなひとにいろんなことを言われたんだろうな。友達じゃなくなった人もいたかもしれない。それでも自然に任せて遊んだ彼と奥さん。二人は何か普段は見られないものを見たし、感じたんだろうと思いいます。そこで、このコメントに気が付いたのかもしれない。結局自分なんですよね。やりたいことを乗り越えるかどうかは。それを乗り越えたあとは、また何かが待っている。社会とか?うーん、そんなチープなものではないかもしれない。でも、ちとふなにはポンと何かを乗り越えて、違う景色を見ている人がいるんです。

勝手にこんなこと言えませんが、悩んだら菅谷さんのところに飲みに行ってみては?笑顔で言ってくれる気がします。「え? そんなの気にしなくていいじゃない?」って。素敵な笑顔とともに。

Read article

684

囲炉裏 しろくろ

お知らせ, ち_おすすめ, ち_和食, グルメ

2019年4月2日

お店情報
17:00-24:00(LO23:30)※週に何度かランチ営業あり
木曜定休
03-5799-4289
東京都世田谷区経堂4-6-15
http://irori-shirokuro.jp/

まぁ、きれいな焼き場なんですよ。京都の竜安寺ってわかりますか?
その禅寺の枯山水みたいに美しく整えられています。美の一言。

そこに赤く色づいた炭が積み上げられて、食材を串にさして焼いていきます。パチパチと小さな音が、もう、美味しくしていくんですよね。
(さらに…)

Read article

1394

居酒屋さくらの

ち_和食, グルメ

2017年10月11日

こんばんは。
今日は人生について書いちゃおうかなって思うんです。ウザイでしょ。でも、ちょっと読んでみてよ。たぶん、ちょっとヒマしてるんでしょ?

人生ってほんとうに因果がないというか、何でこうなったのかなー、何でここにいるんだろう?とか、なぜ今、この人と一緒にいるんだろう。って思うことがあるわけですよ。まぁ、20代だったらまだないかなー、私は40代(平たくいうとアラフォーです)。アラフォーともなると、自分の人生でも不思議なことはあるし、知り合いからも不思議な縁を聞いたりするわけですよ。
(さらに…)

Read article

2521

一口餃子専門店 てんまさ

ち_和食, グルメ

2017年9月12日

餃子とビール。

黄金の組み合わせ。もうこれがあればエンドレスに飲めるって人も多いはず。

でも、そんなに食べられるわけではないですよね。10個とか?15個とか?いやいやー、それでも食べすぎか。高校生でもないんだし。でも、てんまささんでは15個とか30個とかペロリです。ほんとにペロリ。だって一口餃子ですもの。
(さらに…)

Read article

1734

焼鳥けん

ち_和食, グルメ

2016年5月28日

電話番号/営業時間/定休日

 「とにかく鶏が好きですね。鶏なら毎日でも食べられます。」というのは店主の岩崎純さん。近くで焼鳥の店「ケンチカ」を経営しているご両親のもとに生まれて、そのときから鶏との付き合いが始まった彼は、学生時代に下北沢でアルバイトを始めます。その場所は焼鳥屋さん。何軒かお店を渡り歩きながら料理の修行を積みますが、いずれも焼鳥店。そしてご両親から「焼鳥けん」を受け継ぎました。名実ともに鶏漬けの人生といっても言い過ぎではないですよね。そんな純さんに、本当のところ、鶏は好きなのか伺いました。
(さらに…)

Read article

1120

魚道

ち_和食, グルメ

2016年5月27日

電話番号/営業時間/定休日

 「料理は時間をかけたほうがおいしくなる。それは人間関係に似ているのかも知れないですよね。」と話すのは店長の喜代永さん。

 出身は千葉県銚子市。生まれたころから魚が身近にあって、食卓に魚が毎日のように並んで、近所には魚介関係の工場なんかがあって。そんな魚が当たりまえにある環境で育ったことが、この世界に入るキッカケになったのかもと振り返ります。「22歳で料理屋に入ったんですが、そこの料理長に教えてもらったんです。」というのが、魚道で食べられるイカシュウマイです。

 本場、福岡ではイカシュウマイは2種類あるのだとか。ひとつはイカと豚ひき肉を混ぜて作るもの、そしてもう一つはイカだけで作るもの。魚道ではイカだけ作る昔ながらの味を楽しめます。

 イカだけで作るシュウマイは一度食べると忘れられないおいしさです。イカの身で作ったしんじょうに、細く切ったシュウマイの皮を纏わせた福岡の宝石ともいえる逸品。せいろに入れられたイカシュウマイはアツアツで、すぐ口に運ぶとやけどするのは確実です(笑)。はやる気持ちを抑えつつ、少しだけ醤油を付けて、少しづつ口に運んでください。少ししか口に含んでいないのに、プツンといいそうなイカの弾力を感じて、後から広がるイカのおいしさ。そんな驚きも楽しんでくださいね。
 そんなイカシュウマイを筆頭に、魚道では手間暇をかけた料理が並びます。じっくりと味をしみ込ませていく、しっかりと仕事をする、そんなものばかりです。じっくりと何かに取り組むことが得意なのかと伺うと、喜代永さんからは意外な答えが。「いやいや、結構せっかちなんですよね。釣りは人生で2回してるんですが、5分と待つことができない(笑)。」とのこと。

 今やテレビでは「時短レシピ」とうたって、いかに時間をかけないでおいしいものを作るかが注目される時代。そんなときに、喜代永さんに改めて気付かせてくれたのが料理長だったといいます。「お店を辞めて  年近くなるんですが、今でも連絡を取り合うんですよ。新しいレシピを考えるときとか。そんな電話の最後に言われるんです。『料理は時間をかけた方がうまくなるからな』って。最近、強くそう思います。料理も人間関係も時間をかけるといいものになるんだなって。いい人に出会えた、そう思っていつも電話を切るんです。」

電話番号/営業時間/定休日

※千歳船橋のおすすめグルメはこちらでチェック!

Read article

2874

いちまる

ち_和食, グルメ

2016年5月27日

電話番号/営業時間/定休日

 「5年間ほかのうなぎ屋で修行して、昔この店の隣にあった串焼き屋で働き始めたんです。」と話すのは店主の酒井修さん。父親が引退するときに、いちまるで串焼きも出すようになりました。

 うなぎといえば「串打ち3年、裂き8年、焼き一生」といわれるほどに難しい食材で、その洗練された仕事はまさに職人技。修行をうなぎ屋でスタートした修さんはずっとうなぎに携わってきた職人です。うなぎと付き合ってきて、どんなところが好きですか?と伺ってみました。「毎日のことなので、作業でこれが好きというものはとくにないですね~。どれも大切な作業だし、好きとか嫌いとか言ってられないですし……」とおっしゃる修さん。でも、次の瞬間、彼の顔が輝いた気がしました。

 「でもね、ときどきいいうなぎに会うとほんとにうれしくなりますよ。炭で焼いているときに立ち上る香りもいいし、そのときに皮の間から滴る油の輝きとか、身全体の照りとか。もうすべてが最高で。タレに浸して仕上げたときには『お客さんに出したくないな』って正直思っちゃうほどのうなぎもあるんです。」とまるで目の前にそのうなぎがあるように、ニコニコしながら語ってくれた修さんの姿が忘れられません。

 昭和33(1958)年に父親が始めた「いちまる」。店名の由来を伺うと「オヤジに何度か聞いたんですが、しっかりと教えてくれないんですよ。『名前を聞いたら一発で覚えられるだろう』って言うんですが、本当のところはどうなんでしょうね。」とのこと。真相は闇の中なのですが、いいうなぎについて話してくれた時の満面の笑み、この笑顔はほんと全国のうなぎ屋さんの中でもピカイチ、じゃなくって「いちまる」ですよね。

電話番号/営業時間/定休日

※千歳船橋のおすすめグルメはこちらでチェック!

Read article

2038

蔵吉家

ち_和食, グルメ

2016年5月27日

電話番号/営業時間/定休日

 「もう30年も打ってるからね」と飄々と語る志賀さん。高校卒業後、進路をどうしようかと父親に相談したところ、「蕎麦が打てるのってかっこよくねえか」といわれ、この道を志したとか。
(さらに…)

Read article

1240

和処 久弥

ち_和食, グルメ

2016年5月27日

電話番号/営業時間/定休日

 「お店の名前から「森繁久彌さんの親戚?」って聞かれることがあるんだけど、久弥って久(ひさし)と美弥(みや)から名付けてもらったものなんだよね。」と話すのは女将の美弥さん。
(さらに…)

Read article

1551

かんぴょう

ち_和食, グルメ

2016年5月27日

電話番号/営業時間/定休日

 職人気質のご主人と、人が大好きでおしゃべりするのが大好きな奥様のお店です。一見すると真反対のふたりのようですが、食いしん坊ということ、そしてクラシックがふたりをつなぐ架け橋だったんです。
(さらに…)

Read article