MENU

お知らせ
Category

691

第5話 参商会

hero, お知らせ

2016年4月30日

トォ~ウ
早寝! 早起き! 朝ごはん!
みんな、寒さなんかに負けないで元気にしてるかな?

 チトフナマンは千歳船橋を元気いっぱいの笑顔とあいさつで包み込むために今日もパトロール! 稲荷森稲荷神社を訪れたとき、千歳船橋参商会振興組合の安藤理事長を発見♪ 笑顔が素敵な安藤さんと、早速チトフナト~ク! 安藤さんはどんな子どもだったのか聞いてみたぞ。

「生まれも育ちも千歳船橋なんです。勉強が好きじゃなくって。母親に通信簿をベリベリ!って破かれたこともありました(笑)」と安藤さん。ドラえもんでいうとジャイアンタイプだったという彼はとにかく遊んだんだとか。希望ケ丘団地ができた時はエレベーターに乗りに頻繁に訪れたり(希望ヶ丘団地は建設当時、東京初の 階建ての超高層マンション。周辺に住む子どもたちはエレベーターに乗って最上階からの景色に興奮したんだとか)、砧緑地の奥にあった小川や沼で遊んだり。よくザリガニ捕りに行ったり。ちょっと昔は(※安藤さんは40代後半です)まだまだこのあたりも自然豊かだったんだね~。

 安藤さんは生まれも育ちも千歳船橋。もうなくなってしまったそうだが、生まれたのだって駅近くにあった大和産婦人科だというし。ちとふなの町が変わっていく姿も目の当たりにしてきたんだろうな。ちょっと聞いてみると……。

「小田急線も高架になったし、舗装されてない道路はなくなったしね。生まれたときには商店街は今と同じようにあったんだけど、人がものすごく多かったという印象があるね」

 昔と比べて、商店街も地元の人が営んでいるお店が減っているのを感じるという安藤さん。地元で生活している人ではなく、他の場所からこの街で商売する人も多いんだとか。「商店街に入りませんか?」とあいさつに行くと、お店によっては「商店街に入る意味ってあるの?」って聞かれることもあるそう。でも、安藤さんは「商店街に入ることが魅力的になるかは自分たちにかかっているんだよ」と時代に合う商店街のかたちを模索しているみたい。祖師ヶ谷大蔵のように商店街の連合組合を作って今よりもっと大きなことをやりたいと思うこともありますよ、と話してくれたぞ。
 祖師ヶ谷大蔵は3つの商店街が「ウルトラマン商店街」としてまとまっているんだよね。大きな商店街としてまとまれば、今までできなかったこともできるし、ほかの地域にもアピールできる。そうすると商店街を訪れるお客さんも増えて、商店街に入ることがもっともっと魅力的になるかもしれないね。

 
 ところで祖師谷はウルトラマン商店街っていうんだ。ん? ウルトラマン?と、ということは千歳船橋で大きな商店街になるときの名前は……もしかすると、チ、チトフナマン? ん? もしかして、チトフナマン商店街なんてできたりするのかなぁ? 今晩は興奮して眠れなくなりそうだ(笑)。またどこかで会おう! 読んでくれて、ありがトォ~ウ

Read article

530

春号から新企画が始まります

お知らせ

2016年4月10日

今、せっせと春号を作っています。
もう少しで校了です。

すでに校了したページもちらほら出てきました。
今日はその中のひとつ、新企画のご紹介です。

詳しくはPDFをご覧ください。
ダウンロードはこちら

Read article

1094

4/100 手島慎一郎さん(ジャズピアニスト)

100人インタビュー, お知らせ

2016年3月15日

4人目にお話を伺ったのはアマチュア・ジャズピアニストの手島慎一郎さんです。

生まれも育ちも千歳船橋。桜丘中学校でブラスバンド部に在籍(創部のときに所属したんですって!)。高校生のとき、父親が図書館で借りてきたソニーロリンズのCDを聞いたときにジャズってやつに「ビビ!」(注:表現古い)と来たそうです。それからジャズと歩き続けて云十年。ジャズってそうゆうことなのね・・・ということから、手島さんが演奏に求めていることなど、いろいろと聞いちゃいました。愛妻家の一面もチラリズムしちゃいますので読み飛ばしのないように(笑)。
(さらに…)

Read article

1166

森繁通り饅頭(千歳虎屋)

お知らせ, 逸品

2016年3月6日

千歳船橋にお住まいの方なら、森繁通りとか、千歳船橋駅前にあるテヴィエ象とか、そんな「森繁久彌さん」フレーズをお耳にしたことがあると思います。

(森繁久彌さんが昭和を代表する名俳優だったとか、千歳船橋にお住まいだったとか、今も次男の建(たつる)さんがお住まいだったり・・・・・そこら辺をお知りになりたいかたは桜丘図書館へレッツゴーです)

チトフナのアイコンとなっている森繁久彌さん。今日は彼をモチーフにした饅頭をご紹介します。
(さらに…)

Read article

792

こみち(千歳虎屋)

お知らせ, 逸品

2016年3月6日

栗入りって謳っている和菓子って多いですよね。期待して食べるけれど、申し訳なさそうにしか栗が入っていない・・・・・ってこと、ありますよね。
(さらに…)

Read article

964

3/100 荒木武常さん(元登山・トレッキング専門の添乗員ツアーガイド)

100人インタビュー, お知らせ

2016年2月10日

「自分よりも年上の方なんだな。」

こんな知識だけ持って臨んだ荒木さんとのインタビュー。どんな話になるんだろう……。ちょっぴり緊張しながら待ち合わせ場所の千歳船橋の駅前に行くと、ニット帽がよくお似合いの可愛らしいオジサマがいらっしゃいました。
(さらに…)

Read article

1075

2/100 マッサージ師(指圧プラス)

100人インタビュー, お知らせ

2016年1月28日

マッサージ師ってどんな生活をしてると思います?

菜食主義者で、お酒は飲まず、営業時間外はトレーニングを欠かさない…..。
なんかですね、ストイックなイメージがありますよね。

指圧プラスの本間 博さんに話を伺ったところ
「昔はよく飲み歩いたんだけど、最近は忙しくってなかなか。飲むのはとても好きなんだけどね。旧友に会うと『若くなった?』なんて言われて。とくに何をしているわけじゃないんだけど」
(さらに…)

Read article

1187

1/100 編集者(チトソシ)

100人インタビュー, お知らせ

2016年1月28日

こんにちは。
チトソシを作っている迫田(さこだ)です。

千歳船橋&祖師ヶ谷大蔵エリアに関係のある人、100人にインタビューをしてみようと思いました。いろんな人がいて、いろんなことを考えている人がいて、ふと時間が余ったなぁ~、そうだチトソシの人々コーナーを見てみよう! そんなページを作りたいと思い立ったわけです。

で、1人目をどうしようと悩んでいたら、チトソシなんだから自分が出ちゃおうかな?と思ったわけなんです。出たがりってわけではないのですが、100人の話を聞くひとってどんなひとなの?って中には気になるひともいるかと思いまして。
(さらに…)

Read article

739

1/15~1/31 アポフェス

お知らせ, イベント

2016年1月20日

ひとり芝居って好きですか?
私は好きです。

どこが好きなんだろうって考えてみました。
意外性なのかな?って思いました。

知っている役者さんがひとりで芝居をする。
いつもと違う雰囲気。新しい発見。

それも楽しいのですが
私はあえて知らない役者さんを見に行きます。
名前にひかれたり、写真が気になったり。

暗転して、舞台の中央に現れる役者さん。
ふ~ん、写真と雰囲気が違う。
ふ~ん、声はこんな感じなんだ。
そんな意外なことを目の当たりにしながら、だんだん芝居に引き込まれていきます。
初めて手に取った小説のような、トキメキがあります。
それが好きなのかもしれませんね。

アポックシアターでは1/31までひとり芝居の祭典「アポフェス」を行っています。
20人以上の役者さんが全員「ひとり芝居」を披露してくれます。
7000円のフリーチケットを買うと、ぜーんぶ見られちゃう。
こんな素敵なことってありません。
ぜひ皆様、足をお運びくださいませ。

私は夕方前にかなりの確率で観覧しています。
ピンクダウンで帽子をかぶっています
チトソシが好きな方はお声掛けくださいませ(笑)。

詳細はこちら!
http://apoc-theater.net/events/event/884/

APOCシアターの場所はこちら↓↓↓

Read article

871

満員御礼!ありがとうございました!

お知らせ

2016年1月13日

前代未聞の朗読会をやります。

俳優さんが一人芝居の中に「朗読」ってことを組み込んだらどうなるか。
実験なのかもしれません。どんな化学反応が起こるのか、想像しているだけで
もう、興奮しちゃって眠れそうもありません。

「黙って言葉を受け止める。
自分の中で想像の世界を生み出して味わう。」

たしかにそれも朗読会の楽しみかもしれません。
でも、違う想像力ってやつを使って朗読を楽しんでほしい!
そんなあっつい思いがこの「一人芝居×朗読」です。

このイベントではいろいろとすごいことを体験できると思います。

まずはみなさんの想像力のすごさです。
芝居に引き込まれていくと「書店」だったり「教室」だったりに見えてしまうこと。
そして、俳優さんに話しかけられている「誰か」にあなたもなってしまっていること。

1公演で2つの一人芝居を楽しめるのですが、
ここにもみなさんが体験する「すごいこと」があります。
それは演技のすごさです。

俳優さんの役が変わるんです。
さっきまでやっていた役ががらりと変わる。
演じるということのすごさを肌で感じてほしいです。

そんないろいろな「すごいこと」がちりばめられた朗読会。
ぜひぜひ足をお運びくださいませ。

日時:1月16日(土曜)14時~/17時~
場所:祖師ヶ谷大蔵/カフェグリーンジンジャー

1/16(土)無事に終了しました。14時~、17時~どちらも満員御礼でした。
またどこかで企画します!足を運んでくださった皆様、ありがとうございました!

Read article