MENU

チトビア
Tag Archive

466

間借りレストランvol.1

お知らせ, ち_おすすめ

2019年8月12日

間借りレストランをやらせてもらっています。オープンしてやっと1ヶ月経ったところです。

場所は千歳船橋の飲み屋通り。魚民を左に曲がった通りです。小さな飲食店が10軒くらい並んでいます。ここの中頃にある「居酒屋 一味」さんを間借りしています。

2019年7月は金曜と日曜。8月からは日曜と月曜に営業しています。詳細はこちらをご覧ください。→→チトビアレストラン

初回は7月5日でした。なんか運命的なものを感じて七夕にしたのですが、直前になってオーナーから「金曜日も使えるよ」といわれて金曜日にスタートしました。ヌルっと気張らずにスタートしました。

スタート前には3回の調理研修を受けました。

研修では
・お皿がどこにあるか
・終了後はなにを洗浄しなくてはいけないか
・ビールサーバーの使い方
などを教えてもらいました。無数にあるお皿や調味料の場所などを頭に叩き込んでいきます。

それとお酒の作り方も教えてもらいました。レモンサワーやハイボールの分量、日本酒の銘柄を覚えたり、提供の仕方だったり。焼酎の味の違いや、水割りや炭酸割りの作り方などを覚えました。表面張力を使ってなみなみ入れる日本酒。これができるようになるとなんかかっこいいオレ?的な(もしかしたら勝手などや顔)感じになります。

覚えることが無数にあるので「大丈夫かなぁ」と不安になることもありましたが、必死になれば一発で覚えるものですね。写メを撮ったり、ノートに書いたりしながら、一度言われたことを脳に刻んでいきます。



キッチンにあるものと、お酒を覚えたら、次は簡単な料理の手順を教えてもらいました。

教えてもらったのは
・きゅうりのたたき
・唐揚げ
・ポテトフライ
・牛スジの煮込み
でした。

あまり手間のかからない料理でクラフトビールを飲んでもらう、そんなコンセプトで始めようと思っていたので、「切って和えて出す、揚げて出す、温めて提供する」を中心に覚えました。一味さんは目の前でパパパと作るんです。それも簡単なように見えて。まぁ、自分がやるとうまくいかない。。。きゅうりのたたきは自宅でも練習しました。



調理手順を覚えるだけではダメなのが飲食店の面白いところですね。どんな器に盛ってどのように飾るか、これがポイントなんです。一味さんは「量感」と言ってましたね。器に対してどのくらいの量に見せるか、それを大切にしていました。

大きな器にちょこんと盛る
小さな器にもりもりに盛る

などいろんな盛り方ができます。その量感と値段が釣り合うか、そこが腕の見せ所なんですね。目からウロコでした。

それに加えて、美味しそうに見せる、これができないと飲食店はダメですね。料理が出てきてワクワクしたいじゃないですか。うわー、美味しそうって。もちろんおいしいのは前提なのですが、見たがまずくて食べてみたら「おいしい!」ではなかなか通用しません。

研修で感動したのは他にもたくさんあって、動線に沿ってお店が作ってあることや調味料の種類の多さ、お皿の種類、そしてどのように人を配置しているのかなど。注文を受けて、調理して出す。言葉にすればこれだけのことなのに、ものすごく技術が注ぎ込まれています。先人が蓄積していた知恵が詰まってました。

何度か研修して初日を迎えました。そうしたらいろんなことがわかってきたんです。そこから方向転換をしていくこととなります。

続きはまた。お楽しみに。

Read article

399

飲食店をやってみることになりました

お知らせ, レストラン

2019年6月17日

飲食店さんとコラボする、というか、間借りしてレストランを企画することになりました。もともとは求人ってできる?ってことから話が始まったのですが……。

いろんなことを考えました。チラシをポスティングすればいいのかとか、そもそも大学生はどんなバイトがしたいのかとか、社会人でダブルワークしたい人もいるのではないかとか。まぁ、いってみればリサーチしてそこに求人の情報を届ける、そのためにどこに話を聞けばいいのかという方向性から探っていたんですね。まぁ、求人広告というのは雑誌の運営に今までの雑誌のビジネスモデルには不可欠なものでもありますし。そんなチープな考察しかしていなかったんですよね。 (さらに…)

Read article

628

あっという間に夏が終わりますね

お知らせ

2017年9月8日

チトビア(http://chitobeer.com/)というイベントを毎年、8月末にやっています。今年もオリジナルビールが1時間30分で完売するほどに大盛況でした。ご来場ありがとうございました。

来年はどんなイベントにしようか、早速考え始めています。ちょっとだけここでご紹介しますね。

もっと地元の人と働きたい

地元のひとにビールを注いでもらいたいんですよね。なんていうかなー。千歳船橋の人々が集って広場で乾杯!っていうのももちろん素敵です。でも、イベントにお客さんとして来ていた人が働いている……、なんかその光景が素敵じゃないですか。友達にビールを注ぐ、家族にビールを注ぐ、なんかいい響き。結局のところはいろんな人がチトビアの輪に加わって、もっと楽しいことがあればいいなって思います。

ビールは飲むだけではないんです

まだまだどんな形になるかは決まっていないのですが、自分だけのビールを作るイベントを企画中です。広場でビール造りができたら楽しいだろうな。イメージしているのは「ワイン造りのブドウ踏み」。広場で麦芽を鍋に入れて、ゆっくりと火を入れて糖化させたり、出来上がった麦汁(甘いんです~)をみんなで飲んでみたり。仕込んだ麦汁を工房に持ち帰ってビールに仕込んだり。。。。。。そんなことができないかと企画してます。

まだまだいろんなことを企画してますが、それはまた今度ご紹介しますね。

チトビア関連で7月ごろからほとんどチトソシがほったらかされている状態でして、ようやくいろいろなことが落ち着き始めています。やっとチトソシに手が付けられるという状態です。夏号、ほんとスイマセン。もうすぐ校了って段階です。もうちょっとだけ待っていてくださいね。たぶん今日明日には印刷所入れできると思います。

※写真はチトビアに出店した「中む」さんのオリオンビール。来年は各お店で生ビール販売がスタートできると思います。

Read article