MENU

大木
Tag Archive

104

散歩のすすめ

お知らせ

2019年8月21日

散歩してますか?

いやね、僕だって定期的に散歩しているわけではないんですけど、この前、たまたま時間ができたので散歩してみた、ってだけなんですけどね。これがなかなかどうしてよかったんですよね。

時間ができたのは、千歳書店でドラマの撮影があって、17〜20時まで閉店してたときなんですけどね。アマゾンで本を注文するのもなんだか味気なくって、地元の本屋さんで注文してみようと思ったわけです。

「2週間くらいかかります」

先日、電話で千歳書店さんに書籍の取り寄せについて聞いたときのお返事です。2週間もかかるんだー、そんなにかかるんだー、って思いました。

2週間。長い時間です。でも、それからなんだかんだとその電話から1か月ほど経っています。もちろん、その本は入手していません。

そんなもんなんです。早く手に入れたいと思っていても、ふと1か月経ってしまう。2週間待つなんてなんてことないんです。早いことはいいことですが、そんなに意味はない。安物買いの銭失いみたいな感じが、最近ぼくは思います。早いからいい、という時代は終わったのかもしれないですね。

2週間くらいは待ってみようよ、そう思って千歳書店さんを訪れたら、例のドラマ撮影で閉店してました。そんなわけで、ふと予期せぬ時間ができたわけです。どう過ごそうかと考える、これってとても贅沢ですよね。ふとできた時間で何をするか考える、ぼくはとても好きです。

で、出した答えは散歩でした。千歳船橋から祖師ヶ谷大蔵まで歩いてみようと思ったんです。いつも自転車で駆け抜けてしまう場所なのですが、歩くとなにか発見があるかもしれない、そんなワクワクした気持ちに包まれました。

17時過ぎで、夏の陽は沈みはじめて過ごしやすい気温でした。空を見ながら歩いたり、煮詰まってきた企画を見直したり、どうでもいいことを考えていたら、ふと企画になりそうなアイデアが浮かんだり。いろんなことを考えながら歩いてますね。不思議なもので、事務所で考えるよりも自由な感じがします。とても気持ちがいい。

歩くのは裏城山通りです。「裏城山通り」はぼくが勝手に言ってるだけですけど、城山通りを小田急線を挟んで北側にある小道です。車通りは少ないし、歩きやすいし、運が良ければ富士山も見えるし、この通りが好きなんです。

あっ、このマンションには誰それが住んでいるなーとか、ここの美容室は移転して大きくなったなーとか、このレンタカー屋さんは車がで払っているなーとかそんなことを考えていると、環八との交差点(砧2)に到着しました。

歩道橋があるので登って環八を跨ぐと、小田急線が走るのが見えます。多くの車が走る環八をボーっと見ていて目を上げると、千歳温水プールの白い煙突とか、奥に見える高井戸の白い煙突とかまで見えて、なかなかの眺望が楽しめます。空はピンクから青、そして黒へと変わっていくグラデーション。美しさのあまり、空に吸い込まれそうな気持ちになります。今日はどんなことがあったっけ?なんてことを思いながら、一番星を探して、今日を振り返る、素敵な時間ですね。

環八沿いにある三角広場(広場は四角なんですけど、なぜか三角広場といわれます)にあるイチョウのように、この散歩道って大木が多いんですよ。このあたりが田園風景だった半世紀前からここにあるのかなぁと思わせる「くすのき」があったり、もう少し祖師ヶ谷大蔵駅寄りにいけば、家の壁を押しのけるように成長したキンモクセイがあったり。

そうそう、祖師ヶ谷大蔵駅前にも大木がありますね。これ、なんの木か知ってます?

ほら、タンスにも、お風呂にも使うあの高級木材を使用です。そう、ヒノキ。6月ごろに大きな花を無数につけるんですよ。それはそれは神々しい姿で、飲みすぎた朝方に、白じんできた空をバックに見上げるヒノキの花は、もう神がかるほどに美しい。

この通りは三角形の家も多いんです。想像力が掻き立てられます。1階と2階は作りが違っているのかなぁとか、電車は見えるのかなぁとか。作りからして、秘密基地っぽさがプンプンしてますよね。秘密の扉とかありそうだし。目の前に立って、作りを想像してみたり、どんなひとが住んでいるだろうと考えたり、楽しみは尽きません。取材してみればいいじゃんって思うんですけど、こういうのって、知っちゃうとつまらなくなる。前を歩くひとがどんなひとなのか、そんな想像することが楽しかったりするのに似てるんだと思うんですよ、きっとね。

そろそろ、祖師ヶ谷大蔵駅前に差し掛かった時に、裏城山通りに面したお宅から腹の底から息を吐きながら、何かしている男性がチラリと。でかい重りをつけたバーベルを両肩で持ち上げていました。ふっ!っと、かなりの重さ、たぶん100kgとかだと思うですけど、それをぐっと持ち上げる。ユニフォームらしき服装だったので選手の方だと思います。そんなひとが真剣にトレーニングしているシーンと出会える、これこそが散歩の醍醐味ですよね。

千歳船橋駅から祖師ヶ谷大蔵駅までゆっくり歩いて25分くらい。仕事でも家庭でも何かと時間に追われるものですけど、30分くらいどうでもいいことに使ってみる。そんなことが少しだけ生活を楽しくしてくれるかもしれません。どうです?今度の週末にでも。

Read article