MENU

祖師ヶ谷大蔵
Tag Archive

704

宇宙に旅立ちました

お知らせ

2017年5月29日

みなさん、今、祖師ヶ谷大蔵で大変なことが起こっています!

そ、それはウルトラマンが不在。不在っす。あー、怪獣が現れたらどうすればいいんだ、あーどうしよう!って焦りますよね(そんなときは千歳船橋のチトフナマンの力を借りましょう。たぶん、隣駅だけど駆けつけてくれるハズ)。

って盛り上げちゃいましたが、実は宇宙にパトロール中ですって、ウルトラマン。6月末には帰ってくるそうです。たぶん、なのですが広場のビルを解体するのでちょっとだけ避難しているのかと(・・・ってことはないですね。宇宙にパトロール中ですね、そうですそうです)

ウルトラマンが帰ってくるころには梅雨入りしてるかもしれないですね。あー梅雨があけたら真夏がやってくる!ビールがうまい季節がやってきますね(もちろん今もおいしいけど)。毎年恒例の千歳船橋駅前広場で開催する「チトビア」。今年は8/26(土)開催です。みなさん、のどをカラカラにしてきてくださいね。

→→チトビアホームページ

Read article

306

ついに始まりました

お知らせ

2017年5月28日

何が始まったって、そりゃー、祖師ヶ谷大蔵駅前のビル解体工事ですわ。

駅前広場にぽつんと建っていたビル。寒々しくもあり、凛とした決意の表れだったり、何で何で?何で立ち退かないの?何で?って人々の想像を掻き立ててきた駅前ビル。これがついに(ついにっていうのも変か、変ですね)、壊されることになりました。

22日にスタートして、9月に終わるんだとか。なんだか、あっという間なんだか、なかなか時間がかかるのか、それは人によりけりですね。ちなみに私はあっという間だなーと思いました。

ビルのオーナーが代替わりしたことで、世田谷区と取り壊しの話が進んだとある人に聞きました。その方に、元オーナーだった方はどんな方だったのか、話を聞いてみたいですね。アポイントを入れてみよっと。

Read article

549

スコッチハウス Largo

お知らせ, ヴェイラ

2017年1月31日

高校生と小学生の息子をもつママ ヴェイラが
チトソシエリアの気になるナイトスポットを紹介します。

電話番号/営業時間/定休日料金

 「祖師谷で純スナックって感じのお店を探してるんだけど…」と聞き込みをして、あがってきたお店。

 私の言う純スナックとは、カウンターには上品なママ、ボックス席ではお姉さんが絶妙なタイミングで水割りを作り、笑い声と歌声が流れている、というイメージ。それがなんと、祖師ヶ谷大蔵駅の目の前にあったなんて! ウルトラマン像横のビルの地下、看板はよく見ていたから、ここかぁ! という感じ。
 
 「ここバーじゃなくって、スナックですよ?」と何度も確かめられながら、奥のカウンターへ通される。想像していたより広い! そして、念願どおりの純スナック! 初めてなのに、なんだか懐かしささえ感じる。

 ユリママがお店を始めて30年。ウィスキーが好きで、他のお酒は飲まないというママの後ろには、いろんな銘柄のウィスキーボトルが並ぶ。
 そして、入った時から気になっていたのは…お店のお姉さん方がみんなキレイで、笑顔が素敵。これはかなりのハイレベル! と思ったのも、納得…。そのほとんどの方が、劇団に所属する舞台女優さんなのだとか。
 おとうさん! 銀座や六本木に行かずとも、上質で、それでいてアットホームなお店が、こんな近所にありますよ!
 近々、同じ祖師谷近辺での移転計画があるとのこと、その前に顔なじみになっているといいかも。ちなみに、女性店員も随時募集中とのことですよ。
 
 これまで、テレビをはじめ様々な取材依頼が来ていた中、ずっと断ってきたというユリママ。今回初めて受けてくださったということで、ヴェイラ感激!
 これからも、知る人ぞ知る夜の名店を、どんどん紹介していくぞ! と、気持ちを新たにしたヴェイラなのでした。

※2017年3月末現在、通称・保健所通りのVANSANの2階に移転準備中。4月末ごろからリオープン予定です。オープンしたら写真を撮りに行ってきます!

※最新情報はこちらでチェックを。
ラルゴのfacebook

ヴェイラの座右の銘「酒は飲んでも飲まれるな」
ご自身の責任で、節度ある夜をお楽しみください。
みなさまが飲まれてしまうようなことがありましても
本誌は一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承願います。

Read article

347

皆川珈琲

お知らせ, ショップ

2017年1月26日

電話番号/営業時間/定休日

「自分でやるのが好きなんです」
「旅も好きで。ニュージーラントが好きですね」
「この壁も自分で塗ったんですよ」

 そんな話をしていると、隣のお店からペットボトルに入った氷の差し入れ。
(さらに…)

Read article

533

JTAN(ジェイタン)

グルメ

2017年1月25日

電話番号/営業時間/定休日

ジャパニーズ担々麺の略で「JTAN」。とにかく美味しい担々麺を広げていきたい、そう日々奮闘する萩野さん。昔からラーメンを作り続けて・・・という感じじゃないんですよね、なんか彼の風貌というか、まとわりついている雰囲気というか。伺ってみるとデイトレードにイベント企画など、飲食店のほかにいろいろな経歴をお持ちでした。

「学生時代から企画して誰かを愉しませることが好きなんです」と萩野さん。それは飲食店でも同じ。料理でお客さんを愉しませたり、驚かせるのがとても楽しいと彼は言います。

飲食店の企画から運営というコンサル的な仕事をしたときのこと。話を伺っていて彼は現場がとことん好きなんだなと思いました。経営者やスタッフに助言するだけではなく、現場で一緒になって汗を流して働いたんですって。現場で働くことで改善点を見つけたり、一緒に汗を流すことでお店がどんどん良くなったり、お客さんの笑顔が増えたり。そこでも彼が見ていたのはお客さんなんだなーと思いました。

どんな材料とか、どこで製麺しているか。そんな知識をもったところでしょうがないこと。まずは萩野さんが一生懸命作る担々麺を味わってみてください。たぶん、東京で何本かの指に入ることを確信する、そんなおいしさに出会えますよ。

※祖師ヶ谷大蔵のおすすめグルメはこちらでチェック! 

Read article

1373

栗天

グルメ

2016年9月27日

電話番号/営業時間/定休日

 天ぷらを揚げることで一番大切なことは何ですか?そう店長の栗原さんに聞くと、意外な答えが。「あんまり偉そうなことは言えませんが、一番大切なのは、慌てないことだと思うんですよね。差が出るのは混雑したときじゃないでしょうか。つねに安定した料理を出すこと、それが大切ですし、難しいんです。」
(さらに…)

Read article

371

フィオッキ

グルメ

2016年9月27日

電話番号/営業時間/定休日

 「昔は自分が出した料理は全部覚えておいてほしいと思っていたんですが、最近変わったんですよ。楽しくって、酔っぱらっちゃって、ハッピーで。家に帰って『アレ?今日は何食べたんだっけ?』って料理の内容を忘れるほどに楽しんで欲しいんです。」とおっしゃるのはオーナーシェフの堀川さん。幼いころ、料理教室を開いていたおばあさんの影響もあって、料理の世界に足を踏み入れたという堀川さん。イタリア料理を志した理由を伺うと、「ヨーロッパって何かカッコイイって思ったんですよね。ヨーロッパの中ならイタリアかな?って思ったんです。」とのこと。
(さらに…)

Read article

250

アオジ・ソシガヤ

グルメ

2016年9月27日

電話番号/営業時間/定休日

 「ワインが好きだから、前菜とメインを食べて、〆にピザを食べたい。そんな自分のやりたいことを形にしただけなんです。」と話すのは店長・後藤さん。いわばこの店は趣味みたいなものなんですと続けます。
(さらに…)

Read article

302

チャコールグリル 紅玉

グルメ

2016年9月27日

電話番号/営業時間/定休日
 
 「この店って特殊だと思うんですよ」と小池さん。どんなところが特殊なのか伺うと、「いやねぇ、息子の成長を、お客さんが見守ってくれてるんですよ。」と話を続けてくれました。
 そのとき、2階につながる階段から「何々が見つからない」だの「どこそこにあったのに」だの、甘えるような声が聞こえてきました。「なんだよ」といいながら、小池さんはその瞬間、店主から父の顔に変わっていました。少しして扉が開くと大人になる前の男の子が出てきました。ペコリと頭を下げて、走り去っていったのが佳延くんだと気が付いたときには、店の扉はもう閉まっていました。
(さらに…)

Read article

501

ピエ・ドゥ・コション

グルメ

2016年9月23日

電話番号/営業時間/定休日

 どんな材料を使っているか、どれだけ手間をかけているのか、どこで修行を積んだのか……。そんなことを知ってどうするのだ。そのラーメンを一口食べて、そう問いかけられた気がしました。
(さらに…)

Read article