MENU

銭湯
Tag Archive

368

銭湯本、できましたー!

お知らせ,

2019年4月16日

ついに出来ました!

チトソシエリアにある3つの銭湯をまとめた銭湯本。

どんなときにここにいくといい!とか、ここのオーナーさんはこんな思いを持っているですよー、といったエピソードもたっぷり掲載しました。

四季の湯が年始に朝湯をやっていたり、気になる番台って今もあるの?
なんてことも紹介してますよー。

正直なところ、3つの銭湯はそれぞれ味がありますのでどこがおすすめと決められません。ですので、皆さんで銭湯を訪れて、「僕はここが好きだな」「私はここの銭湯がすき」というお気に入りを見つけてください。

大きなお風呂に入ることは気持ちがいいだけではありません。見知らぬひとと始まる会話など、偶然一緒になったひとと歩き出す人生がそこにあったりします。バーのカウンターで友達を見つけるのもチトソシエリアっぽいといえばそうですが、バー以外にも、銭湯でもそんな地元友達を増やしてみてはどうでしょう?

一歩踏み出してみる。勇気はいりますけど、小さな一歩を踏み出すだけで、人生は変わってくるものです。もしかしたらチトソシエリアから引っ越ししてしまうかもしれない。それで何十年後に、あれ、キミとはどこで知り合ったんだっけ?って話になったときに、

ほら、祖師ヶ谷大蔵のあの銭湯で偶然タオルを貸したのがきっかけだったじゃないですか。

そうだねー、あれから20年かー。

って話になるといいなぁ。

そうだ、久しぶりに祖師ヶ谷大蔵に行ってみようよ。

そんな風に話が広がるといいなぁ。

そんな出会いが待っているかもしれない。いや、たぶん待っています。

ねぇ、だから、今晩、銭湯いこうよ!

Read article

千歳船橋・祖師ヶ谷大蔵 銭湯

お知らせ

2019年3月4日

千歳船橋と祖師ヶ谷大蔵周辺には3つの銭湯がございます。千歳船橋の四季の湯、千歳船橋と祖師ヶ谷大蔵の中間にある湯パーク、そして祖師ヶ谷大蔵にあるそしがや温泉21です。今回はどんなときにどこの銭湯がおすすめなのか考えてました。
※私の独断と偏見が多少含まれる内容がございます。医学的にNGなことがあるかもしれませんので、あくまでも提案ですので、ご自身の責任で行ってくださいね。
(さらに…)

Read article

277

銭湯、取材終わり♪

お知らせ

2019年2月26日

チトソシエリアには3つの銭湯があります。祖師谷温泉21、湯パーク、そして四季の湯。先日、取材がすべて終わりました。銭湯本の制作に入っています。それにしてもいろんなところで「えっ? こんな雑談みたいな話でいいの?」とよく言われたなー。ええ、それでいいです。施設のことは来ればわかるから、それにもう紹介しているウエブとかあるし、と説明すると「ふーん、そんなものかなね?」と納得しているのか、していないのかわからないような不思議なお顔をされました、ほんとにどこでも。

チトソシ的というか、私が知りたいからか。どんなひとがやっているのか、それって取材じゃないと聞くことができないんですよね。経営者の親族とかなら話は別ですけど、よほどの常連さんだって知らないことばかりだと思います。だって、4代目が5代目に注ぐ愛情とかってなかなか話すことはないと思うし、番頭さんがどんな思いで日々お湯を作っているかとか、ね。今年65歳になるご主人が5歳のときに建てた銭湯。大工さんが木を運んで、土台を組んでいたことを思い出すという、60年も前のことが目の前のご主人の脳裏には浮かび上がっているわけで、そんな話ばかりなんですけど、1冊にまとめてみようと思います。

どこがおすすめだよとか、値段とか、そんなものはほかのサイトとか本に任せます。一切、チトソシでは掲載しません。これを読んで、カウンターに座っている人ってこんな人生を歩んできたんだなとか、ふーん、昔はこんなことがあったんだとか思ってもらえたらものすごくうれしいです。

出版は来月中旬です。少々お待ちくださいね。

Read article

331

銭湯取材1軒目終わりました

お知らせ

2019年1月21日

先週、銭湯の取材1軒目の「そしがや温泉21」さんに伺いました。番頭の方の話を伺ったり、いかにそしがや温泉21が優れたシステムを導入していたりと、銭湯の裏側というか、「ほーそうなんだー」ということがめちゃくちゃ聞けました。

面白かったのは番台です。男湯も女湯も番台に乗ると全部見えます。何か問題があるときはすぐに駆け付ける、そう海で言えばライフガード的な存在。で、気になるのは男性の番頭さんって、女湯をどう見ているのかってことでした。だって、素人目に見てもそこは「パラダイス」じゃないですか。だってね、女性が、ね。

どんな風に思って番台に上るのかとか、伺ってみました。そこには深い信念があって、なんとも私の考えが浅かったかが分かったわけです。やっぱりひとに話を聞くってことはとても大切なのですね。

予定より30分も拡大して話をしてくれた番頭さん。人懐っこくってとてもいい方でした。次の取材はほかの銭湯さんと、そしがや温泉21のある方を考えています(番頭さんに話を聞いていたら、この人にも話を聞かなきゃなーと思い当たりました、たぶん、東京の銭湯界ですごい人だと思います)。

取材を進めます。また報告しまーす。

Read article

344

リサーチ終了しました

お知らせ

2019年1月12日

いやー、じつに銭湯は楽しい。
贅沢なひととき。忙しかったことをほんとうにふと忘れさせてくれる。

チトソシエリアにある3つの銭湯。どれもこれもいいです。どの施設に何があってとかではなく、雰囲気がいい、とっても。

大人の社交場というか、こんなに人が集まっている場所があるのね、と正直思いました。はじめに入ったときは。でも、湯船につかると思うわけです。はぁ、いいなと。来週からはそれぞれの銭湯さんに取材のアポを取っていきます。たぶん、どれかひとつとかは「取材拒否」とかになるかもなー。でも、めげないんですよ、私。そんなやりとりもとても好きで。銭湯との付き合いの始まりだったりしますよね。

どこも番台はありませんでした。でも、カウンターで迎えてくれるひとのやさしさは変わらなかったな。どんな人がやっているのだろうとか、どんなときに受付にいらっしゃる方々はお風呂の入るんだろうとか。そんな疑問というか、知りたいことが出てきました。温泉宿に泊まりにいくことってあるの?とかね。結局、どんな人がやっているとか、どんな常連さんがいるとか、そんな銭湯にまつわる人々のことを知りたいんですよね。

せっかくなので、1冊の電子書籍にまとめます。顛末や面白い話はウエブでチラ見せしますね。ではではお楽しみ♪

Read article

288

リサーチを進めています

お知らせ

2019年1月7日

おはようございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

チトソシ冬号を製作中です。テーマは「銭湯」。昨年、四季の湯さんを連日訪れ、銭湯のすばらしさを存分に再認識しまして、本年から具体的に取材へと入っていきます。今日は14時から営業している「そしがや温泉21」さんを訪れる予定です。沸き立ての銭湯は暑い。そんなイメージがありますが、やっぱり熱いのか。そこら辺からリサーチしてまります。

そのあとは体力があれば「湯パークレビランド」さんのリサーチに行ってきます!

またご連絡します。

Read article

263

朝湯への想い

お知らせ

2019年1月2日

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さっそくではございますが、本年1発目の記事をアップしますね。

今、私、迫田は銭湯に凝ってます。
(さらに…)

Read article