MENU

Author

121

せぴあ亭・・・。

お知らせ, 日記

2018年10月15日

ご存知でした? そう、せぴあ亭がなくなっちゃいましたね。かなり驚きました。

でも、写真にあるように12月にビストロが誕生するみたいです。おお!ビストロ!って思っちゃいました。
(さらに…)

Read article

ひむか屋(1)

お知らせ, グルメ, 日記

2018年10月15日

ここのラーメンの秘密は・・・とか言っているようではまだまだ「チトフナ」の何たるかはわかっていないなーって思うわけですよ。

ここのラーメンは宮崎の甘い醤油を使っていて、こってりしていると思いきや、さっぱりとした後味が特徴の「宮崎ラーメン」で、もちろんうまいわけなんですけど、それだけを求めてこの店を訪れるのはなんとももったいない!

この店のいいところ、それは!
店主がいい味を出しているところ。この店主がいるからこのラーメンを食べるといっても過言ではないかと。そう私は思います。

だって、宮崎ラーメン、南国です。南国なんですけど、この店主の出身は青森。北国も北国。本州の最北端。そんな店主が南国の宮崎ラーメンにほれ込んだわけで、もう20年近く作り続けているわけですから、ちょっとした病気です。そう、この病気って「恋愛」に近いんだろうなって思います。

もともとは和食店で修業してたんですって。それがどうしてラーメンの世界に来たのかは、簡単に言っちゃいますと、ラーメンって面白い!すげー!って思ったからなんですって。何がすげーって思ったか、何が面白いって思ったか、それは・・・・

いい素材をふんだんに使えば美味しいラーメンができるかもしれないけれど、それでは年に1回しか食べないラーメンになってしまう。
毎日食べたくなるラーメンって、じつはいい食材をふんだんに使っていなかったりしないか?

っていうようなことを店主は言ってました。

とても深いけれど、うなずける。そんな言葉でした。

でね、料理の世界に入ったキッカケを聞いたんですよ。それがもう、すごかった。そ、そんなことが?ってことも。それは次回のお楽しみってことで。

◆◆ちとふなグルメMAP◆◆

Read article

164

鳥とく

お知らせ, グルメ

2018年10月4日

一人で飲みたい夜がある。会社のプレゼンで思い切り大切なシーンで噛んじゃったこととか、何気ない一言で勃発した彼とのケンカのこととか。そんなことと向き合いたいときものある。

そんときは絶対にぜーーーーーーーーーーーーーったいに「鳥とく」に行ってはいけない。
(さらに…)

Read article

825

外部スタッフを募集しています

お知らせ, 募集

2018年5月30日

おはようございます!!

おかげさまでチトソシを発行している編集プロダクション要[kaname]は忙しくさせていただいております。
ありがたいことに業務がグングン拡大中で、いろいろな方と一緒にお仕事しております。
今回のご連絡はそのメンバーになりませんか?というお誘いです。

業務は非常に多岐に渡るのですが、こんな方が適任では?ということをまとめてみました。我こそはと思う方はぜひご連絡くださいませ。
皆様からのご連絡お待ちしております。 (さらに…)

Read article

771

11人目 雑誌記者

100人インタビュー, お知らせ

2018年2月20日

世の中は偏見と誤解と、そして差別に満ちている。それらを少しでも減らしていくものが「話すこと」なのかもしれない。

100人インタビューで先日、在日朝鮮人である黄(ファン)さんにお話しを伺いました。マイノリティであることを幼い頃から感じていたという彼女は、だからこそ、マイノリティに目が向くといいます。月刊イオという、在日コリアンを主な対象にした日本語による月刊誌の記者をしている彼女。飲食店の店主や俳優などにインタビューをするときもあれば、性的マイノリティや差別を受けたことがある少数派の人々に話を聞いて、記事にすることもあるといいます。
(さらに…)

Read article

590

Toshiro Yamamoto

takako no ヨガマット, お知らせ

2018年1月25日

ヨガを始めて生きやすくなった。
自分でうまく力が抜けるようになったからかな。

こんにちは!takako no ヨガマット第5回目のゲストはヨガとサーフィンをこよなく愛するサーフヨギー・山本俊朗(以下 Toshi)さんです。冒頭の「ヨガをすると生きやすくなる」って気になりますよね~。早速、続きを聞いてみましょ♡
 
 普段頑張ることに慣れていると、自分の疲れや緊張に気づかないこともありますよね。Toshiさんはヨガを始めてまず自分が緊張している状態に気づき、意識して力を抜くようになったんだそうです。
 「ヨガで呼吸に意識を向けると今の自分の身体の声が聞きやすくなる。呼吸が浅いから緊張しているなとか。呼吸は心身の状態を映し出す鏡のようなものなので、呼吸に意識を向けることは“今”に意識を向けること。今の自分の状態を知ることで、本来あるべき状態にチューニングしやすくなる。」
つまり自分の自然な状態を知ることで心身のバランスを崩す前に調整できるようになり、心地よい状態をキープできるようになるのだそうです。 ストレスフルな日々で自分を心地よい状態に保てたら最高ですね~♡ それにはまず今の自分の状態をよく知ることが大切なんですね。
 Toshiさんは自然を愛するサーフヨギー。長年サーフィンを続けたきた中で、海や自然界から学んだこともたくさんあるのだそう。

自然は厳しさと優しさを兼ね備えてる。
そして自らバランスを取ってることを教えてくれる。

「寄せては返す波は、人間の呼吸と同じ。人間の体も自然の一部。大自然がバランスを取るように、人間も本来あるべき状態に自分でチューニングしていくことが大切。」なんだそうです。以前ヨガマットで月の満ち欠けは人間の自律神経に影響しているという話(過去の記事はウエブを参照ください)もありましたが、人間も自然と同じように自らバランスを取り快適な状態に整えることが重要なんですね。
 快適な状態といっても人それぞれですよね? どうしたら自分にとっての自然な状態に気付けるのでしょうか?

自分の中の本来あるべき状態=自然。
そこにチューニングしていくのがヨガ。

Toshiさんが特にクラスで大切にしていることは、まずは自分について興味を持ってもらい、自分自身で感じて、考えてもらうこと。その練習を続けていると自然と体も意識もクリアになり、自分の本来あるべき自然体を取り戻していくんだそうです。裏原宿にあるカフェで毎週開催されるクラスに私も参加しましたが、一つの答えが用意されているのではなく心地よく呼吸をしながら動いているうちに、いつの間にか体の感覚に意識が向いて、終わったあとはスッキリしていました。普段あれもこれもと人一倍食欲が強い私ですが、クラス後のカフェタイムではごく自然にシンプルな思考になり、食べたいものが迷わず決まったんですよ♡

人生を末永く歩むために、心と体を自分で整えることが大切。

心と体を同時に整える方法としてヨガはオススメだそう。呼吸も深くなるので、自律神経のバランスも整う。まさにストレスフルな生活を送る現代人にとってヨガはコンディションを整える有効なツールの一つと言えますね。
 福利厚生でヨガを取り入れる企業も増えています。従業員が健康であることが仕事のモチベーションを上げ、仕事の質が上がるという考え方、素敵ですよね♡ Toshiさんはヨガで得た安らぎを社会に還元する活動に力を注いでいます。多忙なビジネスパーソンにこそヨガをライフスタイルに取り入れて欲しいとヨガスタジオに限らず、積極的にクラスを開催しています。オフィスやカフェ、アパレルブランド、ホテル、オーストラリア大使館でも出張ヨガクラスをしています。今後はいつでもどこでも誰でも気軽に自分を整えるツールとしてヨガがより身近なものになっていくと思います。

 来年何か新しいことを始めたいなと思っている方、最近は朝、カフェなどでヨガをして気の置けない仲間とコーヒーを飲んだり情報交換をしてから仕事に向かうなどライフスタイルにヨガを取り入れる人も多いです。新年、新しい朝活の形を取り入れてみてはいかがでしょう?

既存の枠にとらわれずそれぞれのライフスタイルに合うヨガの形を提案しているToshiさんのヨガクラスはこちらから↓↓↓
http://towayoga.com/
(DEUS YOGA →毎週木曜日 am9:00-10:00 裏原宿にあるDEUS EX MACHINA
HARAJUKUにてグッドモーニングヨガを開催。)
山本俊朗…解剖学の視点から心身に宿る自然治癒力を高めるヨガ・Five Elements Yoga®の教えを普及することに力を注ぐ。
http://www.5elementskula.com
instagram→toshiyoga
山本俊朗
幼少期よりヨガの師範でもある母のもとヨガの実践指導を受ける。
人生の大半をヨガとサーフィンの旅に費やし1000時間以上の幅広い分野に渡るヨガトレーニングを積みながらヨガ哲学、瞑想、呼吸法、坐法、解剖生理学、自然法則論などを様々な師より学ぶ。現在は解剖学の視点から心身に宿る自然治癒力を高めるヨガ、Five Elements Yoga®(ファイブエレメンツ・ヨガ)の教えを普及することに力を注ぐ。また“ヨガで得た安らぎをお客様や社会へと貢献する活動”としてオーストラリア大使館をはじめユナイテッドアローズ、DEUS EX MACHINA原宿、日本初の“ソーシャライジングホテル”、トランク ホテル(TRUNK HOTEL)渋谷などでもヨガクラスを開催し企業ヨガの普及活動も行う。哲学思想と機能解剖学に対する深い見地が盛り込まれた独特の指導法が特徴となっている。

Read article

892

パン屋 サリュー!!

お知らせ, パン屋さん

2018年1月8日

 正直、パンの世界にまったく興味がなかったんですって。高校でパンを作る実習があり、とても楽しそうに作る先生と出会いました。先生の姿を見ていると、サリュー!!の店主、末次さんの心が動いたのです。「パン作りって楽しいの? そうなの?」って。
(さらに…)

Read article

1458

百花ちゃん

お知らせ

2017年11月24日

農大グリーンアカデミーにはヤギのアイドル、百花(ももか)ちゃんが”いた”んです。そう、残念ながら先日、15年の生涯を閉じました。農大グリーンに百花を連れてきて、世話をしてきた松本さんにお話しを伺いました。もう時間が経つと、涙が出てしまう、そんな話ばかり(私がね)。

ウサギを飼っていたのですが、全部いなくなってしまったのでペットを飼うことになったんです。畜産出身だった松本さんは厚木キャンパスに電話を入れて、「一頭都合してくれないか」と。生まれたての幼いヤギをもらえるものと、小屋も作って軽トラで厚木に向かった松本さんが対面したのは・・・なんと2歳を迎えていた雌ヤギ。生まれたてと聞いていたのではなく、生みたて、つまりお産が済むから持って行っていいよという、、、そんな出会いでした。

軽トラに積んできた子ヤギ用の小屋には入らず、もちろん助手席に乗せることもできず・・・・・。荷台に括り付けて下道で厚木から世田谷に。道中、めぇ~、めぇ~と鳴くものだから歩道から写メを取られまくったそうです。今でいえばまさにSNSが大好きなネタですよね。インスタ映え、ですね。

誕生日は5月5日の子供の日。誕生日にこれと言ってスペシャルなことをした思い出もないのですが、松本さんからは思い出がいっぱいこぼれてきました。名前の由来だったり、なくなる3日前のころの話だったり、通学中に立ち寄った小学生との思い出、、、、。一番心に刺さったのは松本さんの言葉でした。

私は畜産を学びましたから、ペットという感覚で百花に接したつもりはありませんでした。でも、亡くなると、皆さんがワンちゃんや猫ちゃんを飼ってらっしゃる、いわゆるペットと生活するということはこうゆう気持ちというか、感覚なのではないかと思うことがありますね。

その先は何もおっしゃっていませんでしたが、思い出がよぎっては気持ちが高まる、なんてこともあるのではないかな?と思いました。嫌なことがあると、頭突きをして反抗したというお転婆娘だった百花。でも、松本さんには歯向かえなかった百花。素敵な話は初冬号にて。

Read article

1853

ゆくりばさん

お知らせ, グルメ, 日記

2017年11月23日

人ってキッカケなんですよね。そう思いません?

あることに疑問を持ったり、あることにあこがれを持ったり。現実とのギャップをまざまざと見せつけられ絶望するか、あこがれた方へと歩み始めるか。かっこいい感じのこと言ってますけど、やっぱりそれは人生の真実なんだなと思います。

ゆくりばさんを撮影することがありまして、ふと聞いてみたんです。どうして沖縄バーをやることになったんですか?って。そうしたら深かったなぁ。とても。 (さらに…)

Read article

1341

mille delices/ミルデリス

お知らせ, パン屋さん

2017年11月9日

パン屋さんってどんなパンが好きなんだろう、パン屋さんってどんなパンと出会ったんだろう。そんな素朴な疑問からスタートした新連載、パンとの出会い。1回目は祖師谷に2017年1月オープンしたミル・デリスさんです。お店の名前は「たくさんの幸せ」を意味するフランス語から。素敵なお店の名前ですね。都内のパン屋さんで修行して、祖師谷でお店を開いた若林さんは、祖師谷の魅力にさっそく引き込まれているようです。

「『この前のパン、とってもおいしかった』って話しかけてくれるんです」

この商売ってお客さんの「おいしい」という一言のためにやっているようなものなので、話しかけてくださって、それもおいしいって言っていただけるなんて、とてもうれしいです、と若林さんは話してくれました。

幼いころから甘いものが好きで、お菓子作りをしていた若林さん。パンの中でも甘いパンが好きで、ブリオッシュとかクロワッサンがお気に入り。バターと砂糖をたっぷりと惜しげもなく使った贅沢な生地で、少しだけしっとりしていて弾力のあるブリオッシュ。一口目から幸せな気持ちが口いっぱいに広がります。表面はサクッと、中はもっちりしたクロワッサン。割ると中の生地がススーと伸びて、まるでレースカーテンのように薄くなっていく。そのときに広がるバターの香り。フワッと嗅覚をくすぐる一瞬の魔法に、甘美な時間が広がっていきます。

インタビューの後半、「そういえば・・・」と話題に上がったのは黒糖パンでした。若林さんは中高生のころから好きで、毎日のように食べていたんだとか(毎日は言い過ぎ?)。黒糖パンのことを話してみると「私も好き!」って答える同級生も多くて。みんなに愛されているパンなんだと思ったそうです。このときに、パン店を始めるなら、自分ならではの黒糖パンを作りたいって心に刻んだんですって。

「ミル・デリスには黒糖パンってあるの?」って? もちろん、ありますよ。どんな味なのか気になりますよね。でもそれは秘密です。食べてみてのお楽しみ、ということで。

mille delices
03-6885-3523
10-18 月・火休(祝日は営業)

Read article