MENU

そしがやグルメ

11780

テイクアウトできる飲食店(祖師ヶ谷大蔵)

お知らせ, グルメ, 祖師ヶ谷大蔵

2020年4月2日

2020.6.29現在の情報です。順次、情報をいただいたお店の情報をアップしていきます。

※緊急事態宣言が解除され、店内営業時間を延長するお店が増えています。テイクアウトを中止するお店もありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

※千歳船橋の情報は こちら です
(さらに…)

Read article

10195

魚店 きなり

グルメ, 祖師ヶ谷大蔵

2016年9月12日

 「油絵をやりたくて、高校を卒業したらデザイン専門学校に進んだんですよ。でも、小学校・中学校で絵がうまい中村クンだけではなかなか通用しない世界だと痛感して、2カ月で『この世界に進んだのは間違いだった』と気が付きました(笑)。親の手前、卒業までデザインの勉強は続けたんですけどね。」と話すのは店主の中村さん。
(さらに…)

Read article

6361

栗天

グルメ, 祖師ヶ谷大蔵

2016年9月27日

電話番号/営業時間/定休日

 天ぷらを揚げることで一番大切なことは何ですか?そう店長の栗原さんに聞くと、意外な答えが。「あんまり偉そうなことは言えませんが、一番大切なのは、慌てないことだと思うんですよね。差が出るのは混雑したときじゃないでしょうか。つねに安定した料理を出すこと、それが大切ですし、難しいんです。」
(さらに…)

Read article

2955

スコッチハウス Largo

グルメ, ヴェイラ, 祖師ヶ谷大蔵

2017年1月31日

「祖師谷で純スナックって感じのお店を探してるんだけど…」と聞き込みをして、あがってきたお店。

 私の言う純スナックとは、カウンターには上品なママ、ボックス席ではお姉さんが絶妙なタイミングで水割りを作り、笑い声と歌声が流れている、というイメージ。それがなんと、祖師ヶ谷大蔵駅の目の前にあったなんて! ウルトラマン像横のビルの地下、看板はよく見ていたから、ここかぁ! という感じ。
 
 「ここバーじゃなくって、スナックですよ?」と何度も確かめられながら、奥のカウンターへ通される。想像していたより広い! そして、念願どおりの純スナック! 初めてなのに、なんだか懐かしささえ感じる。
(さらに…)

Read article

2525

mille delices/ミルデリス

グルメ, パン屋さん, 祖師ヶ谷大蔵

2017年11月9日

パン屋さんってどんなパンが好きなんだろう、パン屋さんってどんなパンと出会ったんだろう。そんな素朴な疑問からスタートした新連載、パンとの出会い。1回目は祖師谷に2017年1月オープンしたミル・デリスさんです。お店の名前は「たくさんの幸せ」を意味するフランス語から。素敵なお店の名前ですね。都内のパン屋さんで修行して、祖師谷でお店を開いた若林さんは、祖師谷の魅力にさっそく引き込まれているようです。 (さらに…)

Read article

2253

郷土料理つがる

グルメ, 祖師ヶ谷大蔵

2016年9月2日

電話番号/営業時間/定休日

 「青森生まれでも、青森育ちでもないのに、暖簾をくぐったら泣きそうになっちゃった。」

 それは言い過ぎかもしれないのですが、とにかくご主人と女将さんの笑顔が素敵なお店です。名前の通り、青森の料理がちらほらと並びます。にしんの切込み、さんまの飯ずし……、田舎が青森の方なら、幼いころに育った情景が浮かんでくる、そんな郷土の料理があります。
(さらに…)

Read article

2162

金寿司

グルメ, 祖師ヶ谷大蔵

2016年6月4日

電話番号/営業時間/定休日

 祖師谷に昔からあった魚屋さんといえばどこかご存知ですか?
 答えは魚金さんです。そして、チビ金、鼻金と2軒あったのをご存じなら、たぶんアナタは祖師谷通といっても過言ではないハズ。
(さらに…)

Read article

2128

ピエ・ドゥ・コション

グルメ, 祖師ヶ谷大蔵

2016年9月23日

電話番号/営業時間/定休日

 どんな材料を使っているか、どれだけ手間をかけているのか、どこで修行を積んだのか……。そんなことを知ってどうするのだ。そのラーメンを一口食べて、そう問いかけられた気がしました。
(さらに…)

Read article

1886

フィオッキ

グルメ, 祖師ヶ谷大蔵

2016年9月27日

電話番号/営業時間/定休日

 「昔は自分が出した料理は全部覚えておいてほしいと思っていたんですが、最近変わったんですよ。楽しくって、酔っぱらっちゃって、ハッピーで。家に帰って『アレ?今日は何食べたんだっけ?』って料理の内容を忘れるほどに楽しんで欲しいんです。」とおっしゃるのはオーナーシェフの堀川さん。幼いころ、料理教室を開いていたおばあさんの影響もあって、料理の世界に足を踏み入れたという堀川さん。イタリア料理を志した理由を伺うと、「ヨーロッパって何かカッコイイって思ったんですよね。ヨーロッパの中ならイタリアかな?って思ったんです。」とのこと。
(さらに…)

Read article

1818

アオジ・ソシガヤ

グルメ, 祖師ヶ谷大蔵

2016年9月27日

電話番号/営業時間/定休日

 「ワインが好きだから、前菜とメインを食べて、〆にピザを食べたい。そんな自分のやりたいことを形にしただけなんです。」と話すのは店長・後藤さん。いわばこの店は趣味みたいなものなんですと続けます。
(さらに…)

Read article

1805

チャコールグリル 紅玉

グルメ, 祖師ヶ谷大蔵

2016年9月27日

電話番号/営業時間/定休日
 
 「この店って特殊だと思うんですよ」と小池さん。どんなところが特殊なのか伺うと、「いやねぇ、息子の成長を、お客さんが見守ってくれてるんですよ。」と話を続けてくれました。
 そのとき、2階につながる階段から「何々が見つからない」だの「どこそこにあったのに」だの、甘えるような声が聞こえてきました。「なんだよ」といいながら、小池さんはその瞬間、店主から父の顔に変わっていました。少しして扉が開くと大人になる前の男の子が出てきました。ペコリと頭を下げて、走り去っていったのが佳延くんだと気が付いたときには、店の扉はもう閉まっていました。
(さらに…)

Read article

1624

Lazy Bar Nowhere

グルメ, ヴェイラ, 祖師ヶ谷大蔵

2016年4月30日

電話番号/営業時間/定休日

まったりと一人で飲みたい夜もある。

夕方までは祖師谷商店街の中で一番にぎわう、スーパーオオゼキの目と鼻の先。小さなバーの扉を開けて廊下を進むと、洞窟に足を踏み入れたかのような気持ちになる。

マスターの梅さんは音楽好きで、いつも1960~80年代のロックやソウルが流れている。とにかく自分が行きたいお店を作りたい!と、還暦を機に一念発起されたのだとか。って聞くと、熱いギラギラした熟年の男を想像するでしょ? いえいえ、梅さんの一番の魅力は、ゆる~い雰囲気と、頑固オヤジのように言いたいことはビシッと言うところ。
(さらに…)

Read article

ショップ情報

1266

米の辻

お知らせ, ショップ

2019年4月3日

新潟のお米っていうと何を思いだします? やっぱり「こしひかり」? そうですよねー。魚沼産コシヒカリ。 日本でも …

Read article

100人インタビュー

638

12/100 映像制作&お母さん

100人インタビュー, お知らせ

2019年3月19日

12人目のインタビューにご協力いただいたのは「ふるきまりあ」さん。祖師ヶ谷大蔵と千歳船橋の中間にある銭湯「湯パ …

Read article