MENU

Author

211

信次郎さん

お知らせ

2017年6月2日

暑いですね。熱いくらい。日差しが夏のそれになっちゃいました。日焼け止め対策をしっかりしなくちゃですね。

写真は祖師ヶ谷大蔵から千歳船橋に向かう城山通りでみかけた一軒のお宅です。春先からツタが復活し、夏前にはツタの緑に覆われて、まるでガチャピン、ムックのムック状態になるお宅です。自分が勝手に呼んでいるだけなんですけど、ムックの家っていってます。

秋になると紅葉(たぶん真っ赤にはならなかったような。真っ赤になるならそれこそムックですね)して、冬にしかお宅の全貌はみえない。ジブリ的というか、牧歌的というか。自然と共存しているそんなお家なんです。

通りがかるときにいつも「どんな人が住んでいるんだろう?」って思います。おじいさんなのかな?それとも20代のお姉さんだったりするんだろうか。どんな性格で休日はどんな過ごし方をするんだろう。そんなことを考えながらどんどん世界は広がっていきます。とりあえず、おじいさんで話を進めてみようと思います。

おじいさんのお名前はたぶん、信次郎さんとか権左衛門さんとか、そんな3文字以上の漢字を使うお名前で、身長は180cmくらい、細身で、ちょっと神経質なところがある。笑顔をたたえているので、温和な性格と思う人がほとんどだけど、実は非常に細かな部分があって、親しい友人などは「あれが治ればもっといいのに」と話している。でも、そう思われていることは信次郎さんは知らない。

ってところまで話が進んだところで、息子が走り始めてしまったので、信次郎さんの世界は閉じてしまいました。また、今度続きを書きますね。

にしても、あっつーい!!!!!

Read article

242

お好み焼って芸術よね

お知らせ

2017年5月31日

今日で5月も終わりですね。今月のはじめには黄金週間があって、ウキウキしたことを思い出します。あっという間の1ヶ月。光陰矢の如しとはまさにこのことですね。

何かをぼーっと見ているときって時間の経過って早くないですか? 例えば洗濯機の渦とか。ぼーっと見てるだけなのに、気が付くと1時間立っていたり(それは経ち過ぎ?)、ありんこの行列を見ていて、ありんこ同士が触覚で何かお話しているのかなーなんて想像しながらしゃがんで30分(寂しすぎ?)、まぁ、人生の半分はぼーっと過ごしているんじゃないかなんて統計もあるくらいですし(出典は教えません!)、とにかくぼーっとするのは楽しかったりする。

で、レストランでもぼーっとしちゃうときってありますよね。それはもしかしたらお好み焼屋さんだったりするのかもしれない。手際よくパパッとお好み焼を焼き上げる対面の彼女(または彼)。なんかあか抜けなーい、なんて思ていた人が豹変して、目つきまで変わったように見えて、あげく、コテでひっくり返すときなんかキラキラしてたりする。

手がキレイだなーなんて思いながら永遠にこの瞬間が続けばいいのに。なんて思うこともありますよね(ないかw)。目の前で華麗な手さばきを見せつけられて、それをぼーっと見る。素敵な瞬間です。

さぁ、アナタも気になるあの人を誘って、お好み焼を作りに行きましょ。もしかするとぼーっとできるかもしれませんよ。

写真は千歳船橋のセピア亭さん。セピアっていうくらいだから、オーナーはホコ天に出てたりするのかなーってことはまだ謎のまま。今度聞いてみます。

Read article

790

宇宙に旅立ちました

お知らせ

2017年5月29日

みなさん、今、祖師ヶ谷大蔵で大変なことが起こっています!

そ、それはウルトラマンが不在。不在っす。あー、怪獣が現れたらどうすればいいんだ、あーどうしよう!って焦りますよね(そんなときは千歳船橋のチトフナマンの力を借りましょう。たぶん、隣駅だけど駆けつけてくれるハズ)。

って盛り上げちゃいましたが、実は宇宙にパトロール中ですって、ウルトラマン。6月末には帰ってくるそうです。たぶん、なのですが広場のビルを解体するのでちょっとだけ避難しているのかと(・・・ってことはないですね。宇宙にパトロール中ですね、そうですそうです)

ウルトラマンが帰ってくるころには梅雨入りしてるかもしれないですね。あー梅雨があけたら真夏がやってくる!ビールがうまい季節がやってきますね(もちろん今もおいしいけど)。毎年恒例の千歳船橋駅前広場で開催する「チトビア」。今年は8/26(土)開催です。みなさん、のどをカラカラにしてきてくださいね。

→→チトビアホームページ

Read article

393

ついに始まりました

お知らせ

2017年5月28日

何が始まったって、そりゃー、祖師ヶ谷大蔵駅前のビル解体工事ですわ。

駅前広場にぽつんと建っていたビル。寒々しくもあり、凛とした決意の表れだったり、何で何で?何で立ち退かないの?何で?って人々の想像を掻き立ててきた駅前ビル。これがついに(ついにっていうのも変か、変ですね)、壊されることになりました。

22日にスタートして、9月に終わるんだとか。なんだか、あっという間なんだか、なかなか時間がかかるのか、それは人によりけりですね。ちなみに私はあっという間だなーと思いました。

ビルのオーナーが代替わりしたことで、世田谷区と取り壊しの話が進んだとある人に聞きました。その方に、元オーナーだった方はどんな方だったのか、話を聞いてみたいですね。アポイントを入れてみよっと。

Read article

106

日本には1995年から。もう22年なのね。

お知らせ, コルカタ

2017年5月27日

そうねー。日本には今年で22年かー。

22年。さらりとすごいこと言いますね、アリさん。コルカタ出身で13歳から働いたという彼は20歳のころに、サウジアラビアでビル建設(水道設備)で6年働いたり……。とにかくスケールが大きな話で。もちろん、お休みのときはどんなことをするのかとかそんなゆるい話もしてくれましたけど、仕事に対する考え方もすごくピシッとしていて、驚きの連続でした。

後日、彼の詳しい話はアップしますね。取り急ぎ、インタビューのお知らせまで。そうそう、昨日からイスラム教徒はラマダンに入りましたね。それはそれでまたご紹介します。お楽しみに。

コルカタの店舗一覧はこちら

コルカタ
http://www.kolkata.jp/

Read article

509

焼肉、食べたいよねー。

お知らせ, グルメ

2017年5月25日

撮影に行ったんです。千歳船橋の焼肉店に。

「酒を焼肉で」

そんな素敵なキャッチーフレーズが付いている素敵な焼肉店。素敵素敵と連呼しちゃうほどにす・て・き。

なんかねー。撮影しているときに、なんでこの音って写真に残らないんだろう、とか(ジューって音)、なんでこのおいしい味は写真に写らないんだろうとか、そんなことを思いながら試食させてもらったわけですが。まぁ、おいしいお肉なんですよ。たぶん、千歳船橋の焼肉店では指折りにおいしいということは間違いない。

だって、食べていて自然と笑顔が出ちゃうんですもの。だって、ほら、写真で見たって、もう、ね、こんなに、おいしそうでしょ。

動画勉強中です。もう少ししたらお披露目しますね。仕事中にご覧になって、いてもたってもいられなくなって、お店にダッシュ!!しちゃうような動画をつくっちゃいますよー。あーそうなったら、日本は崩壊だ。キラーコンテンツだーと一人で盛り上がって、ハードルを上げるだけ上げて、さようならします。

ではではまた明日。

Read article

203

ナンって知ってる?

お知らせ, コルカタ

2017年5月24日

インド人にとって左手って何の手っていわれるでしょうか?
(さらに…)

Read article

167

新企画が動いてます、動いちゃってます。

お知らせ

2017年5月23日

春号が刷り上がったと思ったら、いきなりの猛暑(この前なんて30℃越えで夏日ですってね)。おいおい、春を配ってないで、もう夏号じゃないの?なんて言われちゃうかなーなんて思いながら、各棚へ春号を置きにいってます。
(さらに…)

Read article

215

シェイクさん

お知らせ, コルカタ

2017年5月8日

日々忙しいですよね。いろんなことをパパッと済ませてしまいたい。だから「時短」って言葉が目につきますし、お手軽とか、簡単とか、そんな言葉も目に留まります。

でも、コルカタのシェイクさんに話を聞いていたら、それってもしかして時短って間違いなのかもしれないと思いました。
(さらに…)

Read article

312

パン屋さんにパンのことを聞きます

お知らせ

2017年4月17日

ねぇ、パン屋さんを訪れたときってどんなことを思うの?

ねぇ、いつものあの限定パンがあるかなーって思うの?

ねぇ、それともあのかっこいい店員さんは今日はいるかなーって思うの?

ねぇ、このパン屋さん、いつパンを好きになったのかなーって思うコトってなかった??

ってことから連載をスタートします。
まったくもって見切り発車。
まぁ、いつもそうなんですけどね。

チトソシエリアには素敵なパン屋さんがたーーーーーーくさんあります。
そのパン屋さんがどんなパンと出会って、今があるのか。
それをインタビューしていこうと思ってるんです。

いい話が転がっているかもしれない。
涙ありの話がそこには埋もれているかもしれない。

ほら、まぁ、私はロマンティストですからいろいろと想像するにしても、ねぇ、ってことばかりなんですけど。
もしかしたら、彼氏が作ってくれたパンがとても好きで、好きすぎて、告白して、今の旦那なんです。ほら、後ろで生地を練っている、ほら、あの武骨の男。なんて話が聞けるかもしれないし(笑)。

いやいやー、私はパンが嫌いなんです。はい、今でも大嫌いです。なんでこんな嫌いなパンを毎日人々は買いに来るのかいまだに理解ができないんです。でも、もう亡くなっちゃったんですけど、母がほめてくれたんですよね。お前のパンはとってもおいしいって。それからですかね、嫌いだけど学校にいって、嫌いだけど、どうやったらもっと喜んでくれるかって夜な夜な研究して。ええ、母にはばれないようにこっそりと。いっつもいつもおいしいね、って言ってくれて。

なーーーーーーーんて話が聞けるかもしれない。

それは分かりませんけどね。それを記事にしていきます。
とりあえず、一発目は祖師ヶ谷大蔵に今年オープンしたばかりのパン屋さん。
春号に掲載しますので、皆様お楽しみに♪

Read article