MENU

お知らせ
Category

日本には1995年から。もう22年なのね。

お知らせ, コルカタ

2017年5月27日

そうねー。日本には今年で22年かー。

22年。さらりとすごいこと言いますね、アリさん。コルカタ出身で13歳から働いたという彼は20歳のころに、サウジアラビアでビル建設(水道設備)で6年働いたり……。とにかくスケールが大きな話で。もちろん、お休みのときはどんなことをするのかとかそんなゆるい話もしてくれましたけど、仕事に対する考え方もすごくピシッとしていて、驚きの連続でした。

後日、彼の詳しい話はアップしますね。取り急ぎ、インタビューのお知らせまで。そうそう、昨日からイスラム教徒はラマダンに入りましたね。それはそれでまたご紹介します。お楽しみに。

コルカタの店舗一覧はこちら

コルカタ
http://www.kolkata.jp/

Read article

289

焼肉、食べたいよねー。

お知らせ, グルメ

2017年5月25日

撮影に行ったんです。千歳船橋の焼肉店に。

「酒を焼肉で」

そんな素敵なキャッチーフレーズが付いている素敵な焼肉店。素敵素敵と連呼しちゃうほどにす・て・き。

なんかねー。撮影しているときに、なんでこの音って写真に残らないんだろう、とか(ジューって音)、なんでこのおいしい味は写真に写らないんだろうとか、そんなことを思いながら試食させてもらったわけですが。まぁ、おいしいお肉なんですよ。たぶん、千歳船橋の焼肉店では指折りにおいしいということは間違いない。

だって、食べていて自然と笑顔が出ちゃうんですもの。だって、ほら、写真で見たって、もう、ね、こんなに、おいしそうでしょ。

動画勉強中です。もう少ししたらお披露目しますね。仕事中にご覧になって、いてもたってもいられなくなって、お店にダッシュ!!しちゃうような動画をつくっちゃいますよー。あーそうなったら、日本は崩壊だ。キラーコンテンツだーと一人で盛り上がって、ハードルを上げるだけ上げて、さようならします。

ではではまた明日。

Read article

112

ナンって知ってる?

お知らせ, コルカタ

2017年5月24日

インド人にとって左手って何の手っていわれるでしょうか?
(さらに…)

Read article

100

新企画が動いてます、動いちゃってます。

お知らせ

2017年5月23日

春号が刷り上がったと思ったら、いきなりの猛暑(この前なんて30℃越えで夏日ですってね)。おいおい、春を配ってないで、もう夏号じゃないの?なんて言われちゃうかなーなんて思いながら、各棚へ春号を置きにいってます。
(さらに…)

Read article

118

シェイクさん

お知らせ, コルカタ

2017年5月8日

日々忙しいですよね。いろんなことをパパッと済ませてしまいたい。だから「時短」って言葉が目につきますし、お手軽とか、簡単とか、そんな言葉も目に留まります。

でも、コルカタのシェイクさんに話を聞いていたら、それってもしかして時短って間違いなのかもしれないと思いました。
(さらに…)

Read article

218

パン屋さんにパンのことを聞きます

お知らせ

2017年4月17日

ねぇ、パン屋さんを訪れたときってどんなことを思うの?

ねぇ、いつものあの限定パンがあるかなーって思うの?

ねぇ、それともあのかっこいい店員さんは今日はいるかなーって思うの?

ねぇ、このパン屋さん、いつパンを好きになったのかなーって思うコトってなかった??

ってことから連載をスタートします。
まったくもって見切り発車。
まぁ、いつもそうなんですけどね。

チトソシエリアには素敵なパン屋さんがたーーーーーーくさんあります。
そのパン屋さんがどんなパンと出会って、今があるのか。
それをインタビューしていこうと思ってるんです。

いい話が転がっているかもしれない。
涙ありの話がそこには埋もれているかもしれない。

ほら、まぁ、私はロマンティストですからいろいろと想像するにしても、ねぇ、ってことばかりなんですけど。
もしかしたら、彼氏が作ってくれたパンがとても好きで、好きすぎて、告白して、今の旦那なんです。ほら、後ろで生地を練っている、ほら、あの武骨の男。なんて話が聞けるかもしれないし(笑)。

いやいやー、私はパンが嫌いなんです。はい、今でも大嫌いです。なんでこんな嫌いなパンを毎日人々は買いに来るのかいまだに理解ができないんです。でも、もう亡くなっちゃったんですけど、母がほめてくれたんですよね。お前のパンはとってもおいしいって。それからですかね、嫌いだけど学校にいって、嫌いだけど、どうやったらもっと喜んでくれるかって夜な夜な研究して。ええ、母にはばれないようにこっそりと。いっつもいつもおいしいね、って言ってくれて。

なーーーーーーーんて話が聞けるかもしれない。

それは分かりませんけどね。それを記事にしていきます。
とりあえず、一発目は祖師ヶ谷大蔵に今年オープンしたばかりのパン屋さん。
春号に掲載しますので、皆様お楽しみに♪

Read article

253

絵のように美しいスパイス

お知らせ, コルカタ

2017年4月17日

タンドリーチキンってご存知ですよね。
そうそう、あれあれです。

タンドールという窯で焼いた、骨付き肉ってことなんですけど、この骨がないと料理名が変わるんです。
それがチキンティッカ。

今日はチキンティッカの仕込みを取材させてもらいました。
写真を見るとお分かりになると思いますが、まぁ、美しいんです。何が美しいってヨーグルトに加えていくスパイスたちが生み出すマーブルが。
(さらに…)

Read article

153

連載がスタートします

お知らせ, コルカタ, 日記

2017年4月6日

千歳船橋と祖師ヶ谷大蔵の駅前で時々、チラシを配っているインド人の方々ってご存知ですか?

コルカタというインドレストランのスタッフさんです。
(さらに…)

Read article

146

2017年 桜コレクション vol.1

お知らせ

2017年4月5日

桜を撮ってまいりました。

明日もまたアップいたしますね。
お楽しみに。

皆さまの写真をお待ちしております!メールにてお送りくださいませ。

Read article

100

お花の福袋を始めました

お知らせ, 日記

2017年4月2日

こんばんは。

桜、やっと3分咲くらいになってきましたね。
もう咲かせちゃう↑ いやいや急に寒くなったね↓ おお!温かい咲かせちゃう↑ 雨で凍えそう↓と開花しそうで、開花しない日々が続きましたね。それはまるでアニメのキャプテン翼で、登場人物がものすごいシュートを繰り出したのに、来週に続く!で、どんなシュートだったのか、はたまたそのシュートは入るのかなどは先延ばしまくりでなかなか教えてくれない。結局、1ヶ月くらい待たされる、そんな心境に似ているのかな?と思ってしまいました(わからないあなたはたぶん平成生まれ。気にすることはありません。キャプテン翼のくだりをすっ飛ばしてください)。

さてさて、そんなジェネレーションギャップになりえる危険な例示をしたところで本題です。

みなさんってどんなときに新しいアイデアを思いつきますか?
シャワーを浴びているとき?それとも歩いているとき?お酒を飲んでるとき?
私は逆立ちしているときなんです(うそです、本当は電車に乗っているとき)。

もう2年ほど前のことになるのですが、電車にのっていろいろなことを考えてるときに「ふ」とあることが浮かんできたんです。それはお花を決まった日に届けてくれるというサービス。それも何が届くかわからないというドキドキも楽しめちゃう、というもの。そんなのがあったらもっと生活って楽しくなるんじゃないかってね。

花束を買ったことってありますか?まぁ、ありますよね。花を選んで、すきな色を伝えて、予算を伝えて。

面倒でしょ?っていう話じゃないんです、店員さんと話していて、花って面白いなぁって思う瞬間が訪れたことってありませんか?って話なんです。

たとえば花言葉を教えてもらった時とか、バラにそんな花を合わせるなんて考えもしなかったのに、合わせてくれたらものすごーく素敵だったり。店員さんってプロだなー、それにお花のこと本当に好きなんだなーって思うこと、ありますよね。

お花屋さんの店員さんってものすごく花のことを知ってますし、それにそれに、毎日花束を作っていたり、誰かに送る花を選ぶときに助言していたり。とにかくものすごく多くの引き出しを持っているわけです。そんな彼らが季節を感じてもらう花を選んで、「どうですか?いいでしょ?」と生み出す花が届くってワクワクしませんか? 花が身近にある生活って優雅なんですよ。自分が選ぶだけではなくって、プロが選んだ季節感たっぷりの花が自宅に届く。とても素敵じゃないですかー!素敵ですよねー。そう、それって欲しい本があって本屋さんを訪れたんだけど、隣に並んでいた本がどうしても気になるのでその本も一緒に買ってしまうというか、うまく伝えられているか不安ですが、花の知らない素晴らしい世界の扉を開いてくれるというか。

ふーん、夏の花ってこんな花もあるんだとか。
へー、チューリップって年明けにも入荷してるんだとか。

そんな出会いをしてほしいんですよ。でね、とあるお花さんとコラボして宅配サービスを始めることになりました。いろいろと試行錯誤なところはありますが、とりあえず走り始めてくれた花屋さんがあったんですよ。うれしいですよね。これでひとりでも多くの方が申し込んでくれたら、日曜の朝にブーケでいっぱいになった軽トラックがチトソシエリアをブーンって走っていく、なんてことになりますよね。その軽トラを見てみたい!っていう夢が膨らんでいます。

コラボしてくれたのはグリーンマインドさんです。千歳船橋・祖師ヶ谷大蔵・成城学園前に店舗をもつお花屋さんです。

お花の宅配について配布エリアとか、料金などは
http://green-mind.jp/taku.html
にまとめてありますので、お手すきのときにご覧になってくださいね。

ではでは素敵なフラワーライフを楽しんでください。
また記事をアップいたします。
お楽しみに!

Read article