MENU

お知らせ
Category

Trattoria Gita/砧(イタリアン)

info, お知らせ, グルメ

2021年1月12日

第一印象。「うぁー、きれいなお店」。アプローチを抜けると客席があり、先にテラス席が見えます。レモンスタジオ前の車通りが多い道に面していて、これだけゆったりとしたお店だと思いもしませんでした。
(さらに…)

Read article

山之内/農大近く

お知らせ, グルメ

2021年1月9日

千歳通りと世田谷通りの交差点に佇む天ぷら・とんかつ専門店「山之内」。黒暖簾が凛としたものを感じさせてくれます。

店内はカウンターと小上がり。精肉店にあるような大型冷蔵庫が厨房にあります。食器棚はおばあちゃん家にあったようなもので郷愁がぶわっと襲ってきます。ご高齢のご夫婦が営んでいて、ゆっくりとした時間を纏っています。くつろげる雰囲気です。
(さらに…)

Read article

246

抽選会をオンラインで行います(12/10 21:00~)/祖師谷商店街・昇進会

お知らせ, 未分類

2020年12月9日

おはようございます!

明日、祖師ヶ谷大蔵で歴史的な試みが行われます。それは、商店街さんの抽選会をyoutubeライブで配信しよう!というもの。まさにこのご時世ならではのもので、密を避けつつも、抽選の透明性を実現するという令和ならではの試みです(実はチトソシもちょこっとだけ関係していたりします)。

12/10(金)21:00~

↓↓ ココで見られます! ↓↓

昨日、リハーサルだったのですが、傍らで拝見させてもらって商店街っていいなぁと改めて思ったわけです。

何がいいって?

それは人ですね。

リハーサルなんですけど、ふたつの商店街さんが楽しく動画を作っていくのが垣間見れてとてもよかったです(ちょっと上から目線になってしまってすいません。全然、そんな気持ちはございません!)。

なんていうのかなー、自分たちが楽しんでいる!っていう感じがとっても出ているんですよ。

ここはこうした方がいいね

この流れでいいかな

画角はこれでいい?

ってとにかく話が的確で、どんどん決まっていく。すごい速さで、「じゃ、通しでやってみまーす」って進んでいくんです。

たぶん、商店街でyoutubeライブをするのは初めてじゃないかなー。でも、サクサクとものごとが進んでいきます。

途中に小話を挟んだり、今、何人見てますよ!って伝えたら、「えーーーー、そんなに見てくれてるの!!すげー!!」って喜んだり。

コメント来てまーす!いえば、その場で答えてくれたり。

技術が人々をつなげるって代表作になるんだろうな。

最後にもう一度いいますね。

12/10(金)21:00~

↓↓ ココで見られます! ↓↓

皆さん、商店街っていう空気。お茶の間で感じてみませんか?みましょーよ!!
※買い物してなくても視聴できます!(買い物してる方が自分の名前が呼ばれるかもしれないからワクワクするけど)

Read article

285

お得なセールが本日から行われます(祖師ヶ谷大蔵)

info, お知らせ

2020年12月1日

今日から祖師谷商店街と昇進会で行われるショッピングキャンペーンがお得なのでお知らせします。

1店舗500円以上の買い物で3軒回ると、商品券などのプレゼントをもらえるチャンスです。最低1500円のお買い物でこんなものが当たるかもしれない!!!!!

・1万円の商品券(10本)
・5000円の商品券(25本)

1万円が10本です! すごくない??? 2000円くらいを握りしめて、お買い物してみようと思います。

↓↓参加店はこちら↓↓

結構な有名店も参加していますね♪

飲食店さんでランチかディナーかテイクアウトを1回して、酒屋さんでお酒を買って、ミニブーケを買うとか。

スタミナキングも参加しているので、お肉を買うとか。八百屋さんで高級な柿を買うとか。ファミマも参加しているし(北の店も、駅前も両方参加してます)、パン屋さんでランチを買うとか。。。。。夢が膨らみます。

今回のこのキャンペーンは買い物スポットが多いのものすごいのですが、抽選をオンラインで配信するっていうのがもっとすごい!まさに厳正に抽選を行っている映像を流して、「見える化」を進めます。すごいなぁ、商店街って。パワーを感じます。コロナで大変な時期に、オンラインでイベントを変えていく。この柔軟さにちょっと感動しました。

だからというわけではありませんが、買い物して、地元を盛り上げましょう。それでオンラインで抽選に参加しましょう。

さぁ、今日からですよ。どこに買い物に行こうかなぁ。楽しみでしょうがありません。

Read article

169

ページの企画がなんとなく決まってきました

info, お知らせ

2020年11月21日

年末に発行するチトソシがなんとなく企画が決まってきました。

・グラビア
・飲食店紹介(千歳船橋2、祖師ヶ谷大蔵2)
・町のひと
・子ども生活研究所
・葬儀屋さんの話

というランナップになりそうです。

いずれのページも人の話を中心にまとめる予定です。もうご存じの方も多いと思いますが、飲食店紹介では料理について話をすることは少なく、その店主がどんなひとなのか、どんな経験をしてきたのかなどに焦点を当てていきます。でも安心してください。チトソシで紹介するお店は間違いなくおいしいです。だから、料理についてあまり記述しないというコンセプトで作っています。テーマは常連さんでも知らない話を紹介していくことです。

グラビアはもうカメラマンに話をしてありまして、候補を何点か送ってもらっています。それがもうどれも素晴らしくて、涙が出るほどに美しい作品です。表紙を開いたまずこのページが広がります。そこにチトソシからのメッセージを掲載します。今年はいろいろと大変だった年ですね。そんなことが思い出になっていく。そんな気持ちを含めて、書かせていただこうと思っています。

巻末に書かせていただきますが、チトソシは書いてみたいひと、モデルになりたい方を募集いたします。地域限定のフリーペーパーだからできる、楽しい何かをやっていきます。一緒に盛り上げるっていうのは違うんですが、ぬるっと一緒に遊びたいひとを募集する感じですかね。文章を書いたことはないけれど大丈夫ですか?もちろん大丈夫です。ワタシがしっかりと教えます。モデルさんも大切なのは「写ってみたい」という気持ちです。ポージングなど知らなくてもOKです。しっかりとワタシが作品に仕上げます。

ではでは来週は取材も本番です。またちょくちょくと記事をアップいたしますね。

※写真は千歳船橋の「きのこの」さんの春菊のおひたしです。おいしかったなぁ。

Read article

280

蔵吉家さんでランチ

お知らせ

2020年11月19日

新そばだからかな?満席でした。入れなくて外で待つ人もいるくらいでした。やっぱりおいしいからね。写真はアナゴ天蕎麦1480円。大きな穴子天のほかに、野菜が4種類かりっと上がっていました。

今日はこれから子ども生活研究所の職員さんと打ち合わせです。生活支援が必要な方を記事にする、話を聞くにはどのような記事ができるのか、それを話し合っていきます。職員さんはものすごくパワフルな人で、生活を支援すること、そして子どもの生活をいかに守っていくかについて真摯に20年以上考え続けている人です。

ああ、そうか。彼女をインタビューしようかなぁ。たぶん恥ずかしがってあんまり話してくれないタイプかも。お酒が入るととっても元気になるんだけど、まじめな話はしなくなっちゃうしー。まぁ、ものは試し。ふってみよう。

今日は風が強いですね。飛ばされないように注意しましょう。

Read article

138

紅葉が始まりましたね

info, お知らせ

2020年11月19日

紅葉って絵になりますよね。昨日、息子をスイミングスクールに送った後に、自宅へ戻っている途中、こんなきれいなシーンに出会いました。

Read article

212

取材をスタートします

お知らせ

2020年11月14日

やっと台割が軽く決まりまして、版型もA4でいってみることにしました。A4でページ数は12または16でいきます。紙は以前と同じ上質紙でいきます。

企画はいくつか走り始めています。なんとなくこんなメッセージを投げたいなと思っているのは「コロナだけどがんばりましょう」ってことです。どんなコロナへの向かい方があったか、そのアーカイブではありませんが、いろいろなひとに「コロナどうでした?」と聞いて回ります。イメージでは大変だったといわれるだろうなと思います。でも、人間は強いもの。大変だけど、どうしたか。そんな話を一つでも多く紹介できて、「あっ、ボクも頑張ってみよう」と思ってもらうことです。そんなことができるととてもうれしいです。

昨日は生花店さんに話を聞きました。生花店さんはいろんな意味で「意外」だったようです。これはいくつかの店主に聞いたことなのでほとんどのお店でそうなんだということが見えています。ステイホームするにあたって花や草木はとても癒しを与えてくれたということが分かったようです。つまりはとても商品が売れました。売り上げは通常よりも良かったというお店が多いです。母の日ではお店がすべての商品が売れて翌日にガランとしているお店を非常に多く見かけました。

来週からは飲食店さんやバー、スナックにお話しを伺いにいきます。イメージではお客さんが減って大変ということ。でも、新宿・渋谷のお店は壊滅的と聞きますが、千歳船橋や祖師ヶ谷大蔵はステイホーム、テレワークの影響か、地元で飲む人が戻り始めている、とも聞きます。真実はちらりとしか見えませんが、実際はどうなんだろうと肌で感じてきたいと思っています。

Read article

273

表4企画/決まりました

お知らせ

2020年11月7日

表4(フリーペーパーの裏表紙)プレゼント企画に多くのご応募ありがとうございました。
昨日、あるお店にご連絡させていただきました。次回以降も募集をしていきますので外れてしまった方、またご応募ください。お待ちしております。

選ばせていただいたのはいくつか理由があります。今日はそれをご紹介させていただきたいと思いました。

大きな理由の一つは「日ごろあまり接しないジャンルのお店だなぁ。この機会にいろいろとお話を伺ってみたい」と思ったことでした。

企画が成立するかは正直まだ未定です。頓挫するかもしれない。なので具体的な店名などは控えます。でも、この企画、わくわくしてます。

だってね、このお店、誰しも一度はお世話になるジャンルなんですよ。でもね、人生の限られたシーンでしか必要としないサービスなんです。端的に言いますと「死」が関係しています。死。誰しもが経験することです。その死に接して人々にサービスを提供しているお店です。どんなことを考えてるのだろうか、どんな死生観を持っているのだろうかということがふと浮かびました。

結局は自分と同じかもしれないけれど、そんなお店を営んでいる方々に「死」について聞いてみる。楽しそうだな、と思いました。

どうでもいいことですが私は看護婦さんと付き合った経験があります。彼女も「死」に接していたからこその独特な死生観がありました。とてもピュアであって、一方ではとても力強かったことを覚えています。印象的だったのは「昨日まで元気だった患者さんが今日はいない。自分ができることは正直何もないけれど、その変化を目の当たりにしていると、やりたいことはやらなきゃもったいないって強く思うよ」と言ってた姿を覚えています。そして彼女は自分のスキルを磨くためにアメリカへと渡っていきました。

死んだら終わり。そんな考えもあります。死ぬ前にやりたいことをする。そんな考えもある。死から始まるもの。今回企画が成立するかもしれないお店は病院ではありません。どんな死への思いが聞けるだろう。盛り上げるだけ盛り上げてなんですけれど、すし屋さんで「魚が嫌いで」という店主がいたり、本は読まないんだよねという書店員がいたりするのも事実です。

私?死についてなんて考えてません。だって考えるだけでも怖いじゃないですか!

っていわれるのも面白い。誌面にだってできるでしょうし。ああ、この人、人間ぽくって好きだなとも思うでしょうし。予定調和ではなく、置きにいく企画でもなく。今までになかったページを作るために打ち合わせをしてきます。

どうなったかアップしていきますね。ではではー。

Read article

291

海苔の保存袋

お知らせ

2020年11月1日

暑さが和らぐと「のり弁」を作りたくなります。それで米は米屋と、祖師ヶ谷大蔵のお茶屋さん「高橋茶舗」さんへ行きました。

どれにしたらいいのか、正直悩みました。だって、海苔といえども20種類くらいあります。お店の奥様に「のり弁にいい海苔ってどれですか?」と漠然とした質問をするはめにwww

「いろんな海苔がありますけど、うちはこの海苔を使ってますよ♪」

と素敵なお返事でおすすめいただいたのがこちらの海苔でした。500円くらいで分厚く、香りもいい海苔です。まさに、のり弁にベストマッチな海苔でした。ベストオブのり弁用の海苔と申して差支えないかと。

でも、この海苔、袋が保存用になっていません。パッチンとジップロック状になっていないんです。これは困ったと正直思いました。おいしそうな海苔なのに、保存用の容器が家にありません。セロハンテープで止めることも考えましたが正直めんどくさい。そこで奥様に聞いてみました。「保存用の容器ってありますか?」って。

そうしたらあるものです。いいのがあるわよ。と奥様。レジの奥の棚から保存袋を取り出してくれました。海苔よりも一回り大きい保存袋で値段が1枚50円。100円ショップで海苔保存タッパーを買うよりも60円も安くって、非常に薄いので棚の橋に「すっ」といれて保存することができちゃいます。なんてステキな商品なんだ!と思いました。やっぱり商店街の専門店はかゆいところに手が届きますね。こんなのないですか?って聞けば「こんなのあるよ」と答えてくれます。素晴らしすぎます。

それにこの袋、よれよれになったら捨てちゃいえばいいのよ。だって50円でしょ?と奥様。

いいなぁ、この手軽さ。最高です。

そんなわけでスキップしながら帰宅して、おいしいのり弁を作りました。ごはん、海苔、ごはん、海苔、ごはんの5層にしまして、少し冷蔵庫で冷やして食べました。最高の一言で至福なランチとなりました。高橋茶舗さん、ありがとう!!

Read article