MENU

グルメ
Category

252

吉法師

お知らせ, グルメ

2016年9月9日

電話番号/営業時間/定休日

 子供のころ、お友達の家にお寿司屋さんの出張があって、目の前で大将が「パパパ」と寿司を握っていく姿に魅せられたという料理長の細田さん。それなのかな…とこの世界に入ったキッカケを教えてくれました。
(さらに…)

Read article

426

郷土料理つがる

グルメ

2016年9月2日

電話番号/営業時間/定休日

 「青森生まれでも、青森育ちでもないのに、暖簾をくぐったら泣きそうになっちゃった。」

 それは言い過ぎかもしれないのですが、とにかくご主人と女将さんの笑顔が素敵なお店です。名前の通り、青森の料理がちらほらと並びます。にしんの切込み、さんまの飯ずし……、田舎が青森の方なら、幼いころに育った情景が浮かんでくる、そんな郷土の料理があります。
(さらに…)

Read article

296

ローキートーン珈琲店

グルメ

2016年8月31日

電話番号/営業時間/定休日

 もう、店を始めるずっと前のことです。写真用語集を何気なく読んでいて「ローキートーン」という言葉を見かけたんです。理由は分からないんですけど、その言葉がずっと頭に残っていて、店の名前を考えているときにふと思い出したんです。ローキートーンを説明するページには暗いトーンの写真が載っていて、そこにバーか何かのお店が写っていたんですけど、とにかくかっこいい写真だったのを覚えています。
(さらに…)

Read article

230

金寿司

お知らせ, グルメ

2016年6月4日

電話番号/営業時間/定休日

 祖師谷に昔からあった魚屋さんといえばどこかご存知ですか?
 答えは魚金さんです。そして、チビ金、鼻金と2軒あったのをご存じなら、たぶんアナタは祖師谷通といっても過言ではないハズ。
(さらに…)

Read article

112

サスライカフェ

グルメ

2016年6月4日

電話番号/営業時間/定休日

 「タイミングよくいろんな人と繋がって、このカフェができあがったんですよ」と話すのは冨永さんと福田さん。

 そもそもサーフィンを通じて知り合ったふたり。仲良くなって旅行することになって、どこに行く?と行き先をピックアップしていたら、「じゃあさ、世界一周しない?」ってことになって……。
(さらに…)

Read article

105

グルメ

2016年6月4日

電話番号/営業時間/定休日

 「このお店に来て良かったと思って頂きたいんです。」店の外を彩る植栽、そして料理で四季の移ろいを感じてほしいと石橋さんが手がける料理と、武田さんが選んだワインで素敵な時間を過ごせるレストランです。
(さらに…)

Read article

743

マダムチョウの店

お知らせ, グルメ, ヴェイラ

2016年6月4日

 明子ママの「私の負けず嫌いは、高校のソフトボール部の時からかな」という言葉が、印象に残った初取材。オートクチュールのスーツにビシッと身を包み、小柄でかわいらしいのに、貫禄もあって。明子ママ、カッコイイ!!
(さらに…)

Read article

437

お茶とおやつ ヨウケル舎

お知らせ, グルメ

2016年6月4日

電話番号/営業時間/定休日

 「おやつに力を入れているカフェととらえてほしいんですよね。」とおっしゃるのは舎長の洋子さん。日常的にかたわらにあるような、素朴なお菓子をイメージして、「おやつ」とあえてひらがなで店名に入れたそうです。確かに手の込んだお菓子もあるんですが、いつも食べてほしい、家庭にいるようにくつろいでほしい、そんな気持ちを感じさせてくれました。
(さらに…)

Read article

378

マルニモッコ

お知らせ, グルメ

2016年5月30日

電話番号/営業時間/定休日

 「いろいろやったんですけど、自分がちゃんとお金をいただける仕事は飲食なのかなと思いました。」と話すのはマルニモッコの店長・鈴木さん。

 代々、鈴木さんのご実家はこの場所で水道関係の仕事を続けていたのですが、お父さんが引退するときに「ここで何かやってみないか?」と話があったそうです。鈴木さんが出した答えは、千歳船橋に住んでいる方々が気軽にお酒を飲みに来られるスペインバルを始めることでした。
(さらに…)

Read article

535

エンドロール

お知らせ, グルメ

2016年5月30日

電話番号/営業時間/定休日

 入店して誰もが気になるのがカウンターの中にいるふたりの関係でしょう(笑)。それはこのページを読めば分かるのかもしれません。

 ジャーナリズムの勉強でアメリカの大地に降り立った田中さん。当時、アメリカはカフェブーム真っ只中で、店内でバンドが演奏するなど、とにかく新しいムーブメントが起こり始めたとき。田中さんはそんなアメリカで起こっている何とも言えない空気に触発されたのかもしれません。
(さらに…)

Read article