MENU

グルメ
Category

3330

エンドロール

グルメ, 千歳船橋

2016年5月30日

電話番号/営業時間/定休日

 入店して誰もが気になるのがカウンターの中にいるふたりの関係でしょう(笑)。それはこのページを読めば分かるのかもしれません。

 ジャーナリズムの勉強でアメリカの大地に降り立った田中さん。当時、アメリカはカフェブーム真っ只中で、店内でバンドが演奏するなど、とにかく新しいムーブメントが起こり始めたとき。田中さんはそんなアメリカで起こっている何とも言えない空気に触発されたのかもしれません。
(さらに…)

Read article

1966

きのこの

グルメ, 千歳船橋

2016年5月30日

電話番号/営業時間/定休日

 「キノコ狩りに嵌ったのは15年くらい前のこと。当時、自転車でダウンヒルをしていて、山の中腹で休憩しているとよくキノコを見かけて。なんか気になっていたんですよね。それであるとき、キノコ狩りに連れて行ってもらって、もうそれからはドン嵌りです。」と話すのは店主の若林さん。彼にキノコ狩りの魅力を聞いてみました。
(さらに…)

Read article

2450

洋食cotocoto

グルメ, 千歳船橋

2016年5月29日

電話番号/営業時間/定休日

 「ハンバーグとナポリタンが好きだな」

 そう話すのは店主の岡庭さん。幼いころ、洋食屋さんに行くとなんだかワクワクしたことを今でも思い出すそうです。「フランス料理とか、今まで食べたことのない料理を食べているわけじゃないんだけど、なんかご馳走って感じで家族で出かけるときはとても楽しみにしてたなぁ。」
(さらに…)

Read article

3084

焼鳥けん

グルメ, 千歳船橋

2016年5月28日

電話番号/営業時間/定休日

 「とにかく鶏が好きですね。鶏なら毎日でも食べられます。」というのは店主の岩崎純さん。近くで焼鳥の店「ケンチカ」を経営しているご両親のもとに生まれて、そのときから鶏との付き合いが始まった彼は、学生時代に下北沢でアルバイトを始めます。その場所は焼鳥屋さん。何軒かお店を渡り歩きながら料理の修行を積みますが、いずれも焼鳥店。そしてご両親から「焼鳥けん」を受け継ぎました。名実ともに鶏漬けの人生といっても言い過ぎではないですよね。そんな純さんに、本当のところ、鶏は好きなのか伺いました。
(さらに…)

Read article

5013

いちまる

グルメ, 千歳船橋

2016年5月27日

電話番号/営業時間/定休日

 「5年間ほかのうなぎ屋で修行して、昔この店の隣にあった串焼き屋で働き始めたんです。」と話すのは店主の酒井修さん。父親が引退するときに、いちまるで串焼きも出すようになりました。
(さらに…)

Read article

3027

蔵吉家

グルメ, 千歳船橋

2016年5月27日

電話番号/営業時間/定休日

 「もう30年も打ってるからね」と飄々と語る志賀さん。高校卒業後、進路をどうしようかと父親に相談したところ、「蕎麦が打てるのってかっこよくねえか」といわれ、この道を志したとか。
(さらに…)

Read article

2171

和処 久弥

グルメ, 千歳船橋

2016年5月27日

電話番号/営業時間/定休日

 「お店の名前から「森繁久彌さんの親戚?」って聞かれることがあるんだけど、久弥って久(ひさし)と美弥(みや)から名付けてもらったものなんだよね。」と話すのは女将の美弥さん。
(さらに…)

Read article

2699

かんぴょう

グルメ, 千歳船橋

2016年5月27日

電話番号/営業時間/定休日

 職人気質のご主人と、人が大好きでおしゃべりするのが大好きな奥様のお店です。一見すると真反対のふたりのようですが、食いしん坊ということ、そしてクラシックがふたりをつなぐ架け橋だったんです。
(さらに…)

Read article

2168

旬菜酒庵 五明

グルメ, 千歳船橋

2016年5月25日

電話番号/営業時間/定休日

 「この世界に入ったキッカケは飲食店のアルバイトでしたね。中華料理店だったんですが、一から何かを作り上げるのは楽しいと思いました。それで大手外食チェーンの株式会社ラムラに就職したんです。」そう話すのは店主の五明田さん。そこで料理の〝い・ろ・は〟から、スタッフにどう動いてもらうかなど、店舗全体の運営まで幅広く学んだそうです。
 「入社2年目までは正直今ほど楽しくなかったんですよ。仕込みで400個とか大量の茶碗蒸しを作るんですけど、店長は『ひとつひとつに愛情を注げ!』っていうんです。でも、時間に追われるので、気持ちがそこまで追い付かなくって(笑)。
 いい先輩に恵まれたんですね。閉店後にいろんなレストランへ連れて行ってくれました。『あ~、こんなお店があるんだ』って、いろんなお店で食事するたびにどんどん食の世界に引き込まれていったのを覚えています」 (さらに…)

Read article

2038

Lazy Bar Nowhere

グルメ, ヴェイラ, 祖師ヶ谷大蔵

2016年4月30日

電話番号/営業時間/定休日

まったりと一人で飲みたい夜もある。

夕方までは祖師谷商店街の中で一番にぎわう、スーパーオオゼキの目と鼻の先。小さなバーの扉を開けて廊下を進むと、洞窟に足を踏み入れたかのような気持ちになる。

マスターの梅さんは音楽好きで、いつも1960~80年代のロックやソウルが流れている。とにかく自分が行きたいお店を作りたい!と、還暦を機に一念発起されたのだとか。って聞くと、熱いギラギラした熟年の男を想像するでしょ? いえいえ、梅さんの一番の魅力は、ゆる~い雰囲気と、頑固オヤジのように言いたいことはビシッと言うところ。
(さらに…)

Read article